パソコンつけっぱなしのデメリットとメリットと寿命の話

エンタメ

皆さんはパソコンを利用して使い終わった時、電源を「シャットダウン」しますか?
それとも、「休止状態」や「スリープ」にしますか?

パソコンのつけっぱなしは電気代がかかるというデメリットを思いつきやすいですが、それ以外にもデメリットやメリットがあります。

電源オフかつけっぱなしかは、議論が分かれるところですが、私の見解を書きたいと思います。

結論だけ先に言ってしまうと、どちらが正解とかなく「時と場合による」になります。

スポンサーリンク

つけっぱなしのメリット

まずは、つけっぱなしのメリットを紹介したいと思います。
とはいえ、メリットと感じるか感じないかはあなた次第でもあるわけですけども・・・・

すぐに作業開始できる

パソコンの電源が常についているということで、思い立ったらすぐに作業できます。
スペックや構成によって変わりますが、シャットダウン時から起動するまでには以下のような時間がかかります。

  • HDD早くて1分
  • SSD早くて30秒

直ぐにメールの返信をしたいや作業に取り掛かりたい場合はこの時間が長く感じる・・・

 

また、スタートアップ時に稼働するアプリケーションの数によっては起動してから使い始めるまでにさらに時間がかかることもあります。

 

スケジュール機能をうまく使えば利便性が上がる

Windows、MacにかかわらずOSには、必ずアップデートがあります。ほかにも、バックアップを作成したり、ウイルススキャンを行ったりと。

 

このような作業はパソコンのリソース(メモリやCPU)を使います。また、バックアップの作成などは時間がかかることも・・・

 

アップデートやバックアップの作成、ウイルススキャンを仕事や普段の使わない時間に実行するようにスケジュール調整すれば、仕事や普段使いには支障なく最新の状態で利用できます。

 

アップデート時の再起動に注意

常につけっぱなしにしておくと、ついつい保存することを忘れがちになります。作成中のファイルを保存せずそのまま、放置して、アップデート後の再起動で作業が無駄になったなってことにならないように

 

離れた場所でもアクセスできる

移動の多い人にしかメリットがないかもしれませんが、Windowsには、リモートデスクトップという機能があります。リモートでアクセスするソフトもたくさんあります。

 

重要なファイルが自宅のパソコンにしか置いてない、なんてことになっても、リモート接続できるようにしておけばOK

 

流石に、リモート接続できるソフトでも電源がオフのパソコンにはアクセスできませんからね。

 

普段からクラウドサービスを利用する

重要なファイルだったり移動が多い人はクラウドサービスを利用して、重要はファイルをクラウド上においておけば、ネットにさえつながれば取り出すのは簡単です。

 

HDDにはつけっぱなしのほうが寿命は延びる

使い方次第ではありますが・・・

HDDを利用しているパソコンの場合、起動時に全てのプログラムを読み込みしますので、大きな負荷がかかります。なので、あまり電源のオン・オフを頻繁に行うと、物理的な故障の原因になったりします。

 

HDDから異音がする場合はそのままデータをコピーすべし

電源をいれっぱなしのパソコンでHDDから異音がする場合、例えば、「カタカタ」や「ジー」と音がする場合は故障の前触れです。

この場合は、電源を落とさず、すぐさまデータのコピーを行いましょう。

 

電源を切ると二度と起動しなくなる場合があるので、繋がっているうちにデータの救出をしてください。

 

 

スポンサーリンク

つけっぱなしのデメリット

今度はつけっぱなしによるデメリットを紹介したいと思います。

こちらも人によっては、デメリットではないのかもしれませんがね・・・

 

電気代がかかる

電気代がかかるとはいえ、ノートパソコンとデスクトップでは消費電力が大きく変わります。

 

デスクトップの消費電力は50wから150w程度(構成にもよる)で24時間つけっぱなしにすると1ヶ月の電気代は約800円~2500円程度かかります。

 

ノートパソコンの消費電力は20w~30w程度なので、1ヶ月の電気代は約300円から500円といったとことでしょうか。

 

しかし、電源をオフにしていば、いいのかというとそうでもない。パソコンは電源をオンにしたときが1番電力を消費します。なので、頻繁に電源をオンとオフを繰り返しているとさほど電気代に差は生まれません。

 

あくまでも個人的な見解になりますが3時間以上、利用しないのであれば、電源オフにしたほうが電気代は節約できる気がします。逆に3時間以内に再度利用するというのであれば、電源はいれっぱなしのほうがいいですね。

 

負荷のかかる処理をしていると電気代はかかる

パソコンで負荷のかかる処理を行うとその分、電力を消費します。とくにデスクトップで高性能なグラフィックボードを使っていたり、最近はあまり聞かなくなりましたが、仮想通貨のマイニングなど行うと電力消費は跳ね上がります。

 

パフォーマンスが落ちる

パソコンをつけっぱなしにしていると、どうしてもメモリ内にゴミが溜まります。

(ゴミとは物理的なホコリとかではありません。)

 

メモリはデータの一時保存するものなので、コピーや書き込み、ファイルアクセス、ファイル移動などのデータがメモリに溜まります。これらの一時データはあくまでも一時的なものなので、時が来れば消えます。また電源をオフにすればキレイさっぱり消えます。

 

しかし、量が多くなってくるとエラーを起こしたり動作が遅くなったりすることがあります。

いわゆる、「メモリーリーク」ってやつです。

この「メモリーリーク」はパソコンのメモリ搭載量が少ないほど顕著になります。

 

つけっぱなしの場合で動作が遅いと感じる場合は一度、再起動するとメモリ内の一時データは解放されます。

 

熱による故障

パソコンが稼働していると常に熱を持っています。

基本的にはファンが回転し一定の温度内に保とうと動作しますが、パソコン内部に熱がこもるのは確かです。

 

パソコンは安全のため、一定の温度を超えると強制的にプログラムを停止させたり、電源をオフにするようになってますが、内部に熱がこもった状態が長く続くとパーツはその分劣化します。

 

人間も長時間、サウナに入れないのと同じです。

 

どうしても、つけっぱなしにしなければならないというのであれば、冷却に気を付けましょう。

ファンを増設するや空冷から水冷に変えるなど。

うるさい

パソコンをつけっぱなし、特にデスクトップの場合、大きなファンが回転してますので回転音や電子ノイズは発生しています。

 

夜、寝るときに、ふと回転音や電子ノイズが気になると寝れなくなることも・・・・

 

ファンレスやSSDのパソコンの場合は静かかもしれませんが、電源を落としておいた方が静かな生活が送れます。

 

スポンサーリンク

寿命を延ばすコツ

パソコンには寿命があります。経年劣化で故障することもあります。

先にも書きましたが、電源をオンにしたときに負荷が掛かります。しかしつけっぱなしにしていても熱でパーツは劣化します。

 

極論を言えば、電源を入れずに置いておくのがいいわけですが、そんなわけにはいかないですよね。

なのでコツを紹介だけしておきます。

デスクトップとノートパソコンでは少々変わってくるので分けて紹介します。

※あくまでも個人的見解です。

 

デスクトップの場合

3時間以上パソコンから離れる場合は電源をオフ、またはスリープにする。

電源をいれっぱなしにせず夜はシャットダウンする。

パソコンケース内のホコリを掃除する。

 

ノートパソコンの場合

電源ケーブルを繋ぐ場合はバッテリーを外す。

特につけっぱなしにする場合はバッテリーは外せるなら外してください。

 

バッテリーはすぐに劣化します。スマホとか2年もすれば、バッテリーのもちが悪くなりますよね。それと同じくノートパソコンのバッテリーも劣化するので、外せるなら外した方が外出時に利用する場合はバッテリーのもちがいいです。

スポンサーリンク

まとめ

いろいろ紹介しましたが、結局のところを、使い方によって大きく左右されると思います。

一番最初に、書いた「時と場合による」というのはこういうことです。

 

私の使い方を最後に紹介しておくと、普段デスクトップを利用してますが、3時間以上離れる場合は電源をオフにしてます。

 

また、3ヶ月に1回程度、パソコンケース内のホコリをエアダスターで飛ばしてます。

※これが結構面倒なんっすけどね(・´з`・)

 

ノートパソコンを使う場合は前日に充電する感じで普段は電源をオフの状態で片づけてます。

そして使う前日にWindowsUpdateをやります。