エンタメ

エンタメ

総務省の新政策「差別的な対応」とAppleは猛反発しているようだ

随分前になるが、総務省が「通信料金と端末代金の完全分離」や「囲い込みの是正」に規制をしようとしてました。 その電気通信事業法の省令案等に関する意見募集の結果と、それに対する総務省に対する考えを発表したわけですが、Appleは反対のようです...
エンタメ

PS4を分解せずSSDを導入、お手軽パワーアップ術

PS4の世界累計販売台数が1億台に達するとニュースでも流れたぐらい売れている。 2013年から販売開始しはや5年がたつわけですが、現在販売されている。PS4は500GB、1TBモデルのHDD(ハードディスク) まだ標準でSSDを搭載...
エンタメ

【悲報】NHKの受信料支払いが義務化される可能性が出てきた

テレビを購入したが、NHKの番組を見ないものでも受信料を支払う義務があるのかどうかという問題で、2017年11月6日、最高裁がNHK受信契約義務を「合憲」と判断している。 ネット上では電波ヤクザだの、電波の押し売りなどと揶揄されていま...
エンタメ

携帯途中解約の違約金が上限1000円は得なのか?

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが提供している2年契約プランの解約料を、現在の9500円から1000円に値下げすると 日経新聞や朝日新聞が報じてます。 ただ、総務省は「決まった事実はない」としていますが、総務省はかねてから、通信...
エンタメ

炎上中の「カネカ」から見る日本の企業体質

「カガクでネガイをカナエル会社」が炎上中です。 ことの発端は、このツイート↓ 4月23日までさかのぼる・・・ 会社の対応がひどいと炎上し始めます。 ここでは、炎上中のカネカから日本企業の体質について話したいと...
エンタメ

HUAWEI(ファーウェイ)の今後の行く先はどうなるの

アメリカに続く、世界第2位の経済大国の中国、そして、中国のいち企業であるHUAWEI(ファーウェイ)はスマートフォンメーカーで世界第2位の地位にいる。 しかし、アメリカトランプ政権がHUAWEI(ファーウェイ)をアメリカから排除しよう...
エンタメ

終身雇用の崩壊が意味するものは何?

自動車業界のトップ、トヨタの社長が「なかなか終身雇用を守っていくというのは難しい局面に入ってきたのではないかと」と発言したことで、物議をかもしている。 「雇用を続けている企業にインセンティブがあまりない」とも述べている。 これが...
エンタメ

Amazonのデリバリプロバイダー・TMG便は届けば奇跡、遅配は当たり前

先日Amazonで商品を購入しました。 特に急いでもいなかったので、時間指定等はせず、気長に待つことにしてました。 (ニュースでもAmazonのせいで物流がパンクしているとかやってましたしね) でも一抹の不安がありました。 ...
エンタメ

ドコモの新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」がひどい実質値上げだろ

NTTドコモは新料金「ギガホ」「ギガライト」を発表した。 「ギガホ」と「ギガライト」は音声通話、データ通信、SPモードの料金を一体化した料金プラン。料金は「ギガホ」は月額6,980円、「ギガライト」は月額2,980円〜5,980円 ...
エンタメ

Amazonプライムさらっと値上げその理由とは

Amazonジャパンが4月12日に会員制の「Amazonプライム」の年会費を始めて値上げすることを発表しました。 Prime videoを利用している人多いのではないですかね。配送料も無料になるし、映画やオリジナルコンテンツも多いので...