Macはシャットダウンしなくてもいいらしい4つの理由

PCトラブル

パソコンのシャットダウンする派とスリープ派どっちがいいのか論争・・・
以前にも記事にし、定期的に読まれています。

それぐらい気になるところなんですが、どうやら、Macはシャットダウンしなくてもいいらしい。
マジで?と思うかもしれませんが、Macに関してはスリープモードのほうがどうやら良いとな・・・・・
4つのポイントがあるので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1.スリープのほうがメリットが多い

Macはスリープモードの際に、「Power Nap」と呼ばれる機能が自動的に動作します。
これにより、スリープモードから起きてデバイスをiCloudドキュメントと同期して、メールやカレンダー、メモ、写真や連絡先のアプリをアップデートすることが可能なります。
もちろん、常に動作してるわけではありません。時々です。

他にも「Macを探す」のロケーションもアップデートされます。

また、Macを電源に繋いでいる場合は、Power Napによって、ソフトウェアの更新やTime Machineのバックアップのスケジューリングなど、さらに多くのことが出来るようになります。

ちなみに、Intel製CPU搭載Macの場合は、このPower Napをオフにするオプションがあるのですが、M1チップ搭載のMacには、Power Napをオフにするオプションがなく、常時オンです。

スポンサーリンク

2.電力はほぼ使わない

一番気になる電気代の話です。
スリープモードでの電力消費を懸念する人は多いと思います。

しかし、スリープモードではほぼ電力を使いません。

M1 Macはスリープモードで1時間あたり0.18W
Retina 5Kディスプレイの27インチMacは1時間あたり約1.44W
というわずかな消費量です。

ちなみにアイドル状態の場合は以下
M1 Macでは1時間あたり3.22W
Retina 5Kディスプレイの27インチMacでは31.1W
ぐーんと消費電力が上がりますね。

シャットダウンして再起動となれば、さらに多くの電力を使うと思われます。
起動時が一番、電力が必要です。

スリープ中にメンテナンスタスクが実行されるので、電力消費が気になる方も安心です。

スポンサーリンク

3.タスクが直ぐに再開できる

起動がSSDであれば、立ち上がりも速いですが、スリープモードなら、中断したところからすぐ作業を再開できます。
シャットダウンしている場合は、実行していたプログラムやアプリケーションはすべて閉じられた状態から始まるので、2~3時間の離席の場合はシャットダウンより、スリープのほうが効率がいい上に電力消費も少なくて済みます。

スポンサーリンク

4.スリープモードは負担をかけない

昔はストレージがHDD(ハードディスク)でした。
ハードディスクを分解したことある人は知ってるでしょうが、HDDは円状のディスクが回転しています。
ディスクを回す。スピンドルモーターやディスクへの書き込み、読み込みをおこなうリーダー部分など機械部品が多く使われていました。
なので、スリープだろうと、動作している以上、HDD摩耗してしまいます。

しかし最近のパソコン、Macに限らず、SSD(ソリッドステートドライブ)が採用されています。
SSDは物理的な可動部分がないので、摩耗する可能性はかなり低いです。

スリープモード中に時々アプリなど実行していてもなんの支障はないわけです。

スポンサーリンク

シャットダウンするべき時もある

スリープモードも万能ではないので、シャットダウンすべき時もあります。
例えば、Macが不調な時や速度が遅いと何らかの問題があるときには、再起動やシャットダウンことをおすすめします。
まぁ調子悪いときはとりあえず、再起動ってのはMacやWindowsとはず、やることですけどね。

もし常にMacに電源を入れている場合は、週に1回、または月に1回再起動することをおすすめしておきます。

当たり前ですが、長期間利用しない場合はシャットダウンすべきです。
ちなみに、Macを長期間保管する場合は、バッテリーの健康状態を維持するために、シャットダウンの前にバッテリーを50%まで消耗させることが結構重要だったりします。
保管場所は、高温、多湿、低温な環境は避けてください。