NECの尖った挑戦、8型ゲーム用UMPC「LAVIE MINI」

ガジェット

NECと言えば、LAVIEシリーズのタブレットやノートパソコンが思いつく。
個人的には手堅い製品が多いイメージですね。

そんなNECがなんともチャレンジングな製品をお披露目した。

LAVIE MINI」なるものを・・・

8型ゲーム用UMPC(ウルトラモバイルPC)ということで、なんともチャレンジングな製品だ。

これは、世界最大級の家電・テクノロジーの見本市「All-Digital CES 2021」で発表されたものです。

 

今のところ、コンセプトモデルということで、製品化や価格については未定とのこと・・・

 

All-Digital CES 2021はこちら

スポンサーリンク

LALVIE MINIの性能とやらは

パッと見た感じで分かる。キーキャップが丸い・・・

画面は360度回転するタイプになってます。

 

分かっている範囲での詳しいスペックは以下

OSWindows 10 Home
CPUIntel Core i7-1180G7
グラフィックCPU内蔵、Intel Iris Xe graphics
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージ256GB M.2 Type2242、PCIe接続
ディスプレイ8インチWUXGA(1920×1200ピクセル)
インターフェースUSB TypeCポート×2(USB 3.1 Gen2)、3.5mmヘッドフォンジャック(マイク兼用)
サイズ幅20cm、奥行き14.7㎝、高さ1.7㎝
重さ約579g
価格未定

8インチという小柄な筐体ではあるが、CPUはIntel製、第11世代のCore i7を搭載している。メモリも16GBとなってます。

有線LANポートはなく、Wi-Fi 6(IEEE802.11a / b / g / n / ac / ax)、Bluetooth 5.1に対応してます。

 

液晶部分は、最近はやりの狭額縁ではないが、Windows Hello対応の赤外線カメラを備えてます。

ゲーム用ということで、後述するが、専用のドックやコントローラーが用意されています。

スポンサーリンク

ドッキングステーションで4K/60fps出力対応へ

キーボードを360度回転させ、専用ドックに挿して、大画面へ映像を出すことも可能になってます。

HDMIポートやUSB 3.1 Type-C Gen2×2、USB 3.1 Type-A Gen2×2が用意されており、4K/60fps出力ができるようになっているそうです。

 

なんだが、Nintendo Switchのように見えてきたな・・・

スポンサーリンク

まるでNintendo Switchのようだ・・・

専用コントローラーはケース一体型となってます。キーのレイアウトはXboxと同じ感じですね。

 

挿し込むようにしてコントローラーを接続する形になってます。ちなみに、コントローラーは単三電池が必要です。

 

安定してゲームができる使用になっているのではないかと思いますが、重さ約579gをどう思うかで変わってくるかなちなみにNintendo SwitchはJoyコン付けて、約398gです。

 

Nintendo Switchのように見えるが、サイズはだいぶ違う。switchの画面は6.2インチ、こちらは8インチ

LAVIE MINI
スポンサーリンク

本当に販売されるのだろうか?

UMPC(ウルトラモバイルPC)といえば、GPDやONE-NETBOOKといったモデルが既にある。

GPDは6インチ、ONE-NETBOOKが7インチで、LAVIE MINIは8インチと対抗してるわけです。

 

GPDもONE-NETBOOKもゲーム用として利用するなら、それぞれ10万前後はします。

ONE-NETBOOKに至っては、専用コントローラーなど別途用意すると15万ほどします・・・・

 

もし、本当にNECが「LAVIE MINI」を市場に送り出す気があるのなら、価格次第ではUMPC市場で天下を取れるかもしれない。

UMPC市場はそんなに大きくはないけども・・・・

すくなくとも中国では売れるじゃなかろうか・・・