クリエイターのテレワークに最適なAEROモデルはいかがかな

ガジェット

GIGABYTE Technologyから販売されている「AEROシリーズ」一般的にあまり見かけることはないと思う。
なぜなら、オンラインショップでしか買えず、さらに限られたオンラインショップでしか買えないから・・・

しかし、今回は家電量販モデルとして「AEROシリーズ」が2モデル販売されます。
AERO 15 OLED KB-8JP5130SP
AERO 17 HDR WB-8JP4130SH

スポンサーリンク

AREOシリーズはクリエイター向けに最適

AREOシリーズはノートPCでありながら、クリエイターに最適な使用になってます。
まず、グラフィックにNVIDIA GeForce RTX 2060 6GBが採用されているのが特徴です。
また、CPUは第10世代のインテルi7と搭載し性能がいい。

クリエイターにとってこだわりがある。色彩についてもちゃんとしている。
4K解像度の有機ELパネルを採用し、DCI-P3色域カバー率100%、HDR400 TRUE BLACKに対応しており、コントラスト比は100000:1で、X-Rite PANTONE色校正認証による正確な色再現性を実現している。

以前のモデルでも今でも十分活躍する性能はもってます。

AERO 15 OLEDとAERO 17 HDRの違いは?

今回、2モデルが家電量販店モデルとして販売されますが、どう違うのかスペックを比較します。

 

AERO 15S OLEDAERO 17 HDR
OSWindows 10 Home又はPROWindows 10 Home又はPRO
CPU10th Gen Intel Core™ i7-10875H (2.3GHz~5.1GHz)10th Gen Intel Core™ i7-10875H (2.3GHz~5.1GHz)
ディスプレイ5.6型 3mm幅の超狭額縁 + X-Rite™ Pantone色校正認証
Samsung製 4K 有機ELパネル、 DCI-P3色域カバー率100%、HDR400 TRUE BLACK対応 、コントラスト比 100000:1
17.3 型 4K HDR with Adobe RGB 100% 3mm幅の超狭額縁 + X-Rite™ Pantone色校正認証
メモリ16GB最大64GB16GB最大64GB
チップセットMobile Intel HM470 Express ChipsetMobile Intel HM470 Express Chipset
グラフィックNVIDIA GeForce RTX 2060 GDDR6 6GBNVIDIA GeForce RTX 2070 With Max-Q GDDR6 8GB
ストレージ512GB M.2 PCIe SSD(1*M.2 NVMe 専用スロット使用)
空きスロット:1*M.2 NVMe /SATA
512GB M.2 PCIe SSD(1*M.2 NVMe 専用スロット使用)
空きスロット:1*M.2 NVMe /SATA
キーボードGIGABYTE Fusion RGB各キー独立カラーバックライトキーボード(日本語配列)GIGABYTE Fusion RGB各キー独立カラーバックライトキーボード(日本語配列)
インターフェース3x USB 3.2 Gen1 (Type-A)​
1x Thunderbolt™ 3 (Type-C) ​
1x HDMI 2.0 ​
1x mini DP 1.4 ​
1x 3.5mm Headphone/Microphone Combo Jack ​
1xフルサイズUHS-II SDカードリーダー
1x LAN ポート(1000/100/10)
3x USB 3.2 Gen1 (Type-A)​
1x Thunderbolt™ 3 (Type-C) ​
1x HDMI 2.0 ​
1x mini DP 1.4 ​
1x Headphone out​
1x Microphone in​
1xフルサイズUHS-II SDカードリーダー
1x LAN ポート(1000/100/10)
オーディオ2 Altavoces *2watt
Nahimic 3
Microfono
2x 2 Watt Speaker
Microphone
Nahimic 3
wi-fiKiller™ Ethernet E2600
Killer™ Wi-Fi 6 AX1650 (Intel)
Bluetooth: Bluetooth V5.0 + LE
Killer™ Ethernet E2600
Killer™ Wi-Fi 6 AX1650 (Powered by Intel)
Bluetooth: Bluetooth V5.0 + LE
バッテリー94Whバッテリ、8.5時間駆動*94Wh
サイズ356(W) x 250(D) x 20(H) mm
14.0(W) x 9.8(D) x 0.78(H) inch
396(W) x 270(D) x 21.4(H) mm
15.6(W) x 10.6(D) x 0.84(H) inch
重量約2kg約2.5kg

OSはhomeかProを選択できるので、ビジネス向けに利用する場合はProを選択すればいいと思います。
AERO 15 OLEDとAERO 17 HDRには基本的に同じ仕様で画面サイズが異なるということと、グラフィックが「AERO 17 HDR」が「NVIDIA GeForce RTX 2070 With Max-Q GDDR6 8GB」を搭載しより強化されている。

違いはその程度です。

AREOシリーズのどこがクリエイター向け?

CPUやグラフィックの性能がいいモデルは別のメーカーからも販売されています。しかし、AREOシリーズがクリエイター向けにいいと思うのは、液晶が素晴らしいから。

まず、わずか3㎜というベゼル幅で、画面を最大限に使えます。
また、GIGABYTE向け特別設計でX-Rite Pantone提供が提供しているキャリブレーションデバイスによって、入力色をディスプレイの再現色に近づけます。
Delta Eというそうですが、平均テスト結果:4KパネルおよびフルHDパネル「Delta-E <1」を実現してます。

冷却効率もいい


クリエイターのやる作業は、高解像度の画像や動画を使うため、どうしても負荷が大きい作業になります。
AREOシリーズはGIGABYTE独自のWINDFORCE Infinity冷却システムを採用しており、2基の巨大ファンと5本のヒートパイプによって冷却効率を上げており、負荷の大きい作業も安定して作業できます。