テレワークやLive配信のお供に本格USBマイクはいかが

NT-USB Mini USBガジェット

マイクメーカーRØDEの新しいUSBマイク「NT-USB Mini」から、2020年4月17日より発売開始です。
USB接続でシンプルでありながらも使えるマイクとして評判は上々の「NT-USB」の小型モデルになります。

スポンサーリンク

NT-USB Miniは何がいいの?

「NT-USB Mini」こちら、スタンドがマグネット式を採用しているので取り外しが簡単というのが特徴の1つ
もちろん、振動ノイズにも強く「ボフっとした息の音」吹かれノイズを防ぐポップフィルターが内蔵されているので大笑いをしてもクリアに音を届けてくれます。

また、マイクとヘッドホンを接続すれば、マイク本体にボリュームスイッチがついているので音量調節も楽ちんです。

スペックについては以下を確認してください。

サイズH14.2 × W5.5 × D8.9cm
形式コンデンサー
ポーラパターンカーディオイド
周波数特性20Hz-20kHz
出力端子USB-C、3.5mm ヘッドフォンアウト
同梱物USB-CトゥAケーブル×1、3/8インチトゥ5/8インチネジアダプター
重量585g
対応OSmacOS 10.12 / Windows 10
Input SPL @ 1% THD121dB (A-weighted, as per IEC651)
Sample Rates48 kHz

マイク本体にはオーディオ端子とUSB Type-C端子があり、PCやタブレットとはUSB経由で接続します。
また、別売りの市販のマイクスタンドも取り付けができるので、スタンドやアームで高さの調整もできます。
お値段は税別1万4000円と少々高いですが、それだの機能は備えてます。

購入は正規の代理店かAmazonなどの通販サイトで購入することができます。

Features and Specifications of the NT-USB Mini
スポンサーリンク

もっと手軽にマイクが必要な人はヘッドセットで

高級なマイクは必要ないというはマイクとヘッドフォンが一体になっているヘッドセットがオススメです。

ヘッドセットだと、まず、ヘッドフォンをすることで回りの音が邪魔にならずPCからの音を聞くことができます。
そして、マイクが一体になっているので態勢を変えてもマイクの距離が変わらないので、一定の音量で相手に音声を届けれます。

マイクが別だと、マイクから離れすぎると音声が届きにくくなりますからね。
値段もピンキリで3000円から3万円と幅広くあるのでちょうどいいところを探してみください。
オススメはゲーム配信などでよく使われる「Razer」や「Logicool」がいいですけどね。