新しい「Edge」はChrome拡張機能も対応する?

ITニュース

Microsoftの「Edge」ブラウザ「Chromium」ベースで再構築されるわけですが、既存の「Chrome」拡張機能に対応することになりそうだ。開発者の1人が明らかにしている。

噂じゃなかったマイクロソフト「Edge」ブラウザを「Chromium」ベースに
「Chromium」ベースの「Edge」ブラウザの初めてのプレビュービルドとして、64ビット版「Windows 10」を対象にCanaryビルド(毎日更新)とDeveloperビルド(毎週更新)を正式にリリース 現状Windows10...

もし、既存の「Chrome」拡張機能に対応することになれば、膨大なカスタマイズオプションが利用できるようになるわけですが、果たして本当なんだろうか・・・
MicrosoftのKyle Alden氏はRedditに、「既存のChrome拡張機能に対応するというのがわれわれの考えだ」と投稿している。

今後1年ほどでにChromiumベースに移行すると発表した際に「ウェブ開発者と「Windows」ユーザーの双方にメリットがもたらされる」と述べている。
Edgeのプログラムマネージャを務めるAlden氏はRedditで、新しいEdgeブラウザをMicrosoftのゲーム機「Xbox One」に追加するのかという質問にも回答

We are at the early stages of our journey, but it is our intention to bring the next version of Microsoft Edge to all Microsoft devices.

「我々は取り組み始めたばかりだが、次期バージョンのMicrosoft EdgeをすべてのMicrosoft製デバイスに搭載するつもりでいる」
ということらしい。

とにもかくにも、MicrosoftのEdge開発している人たちは大変なことになってるのは確かですね。膨大な数のカスタマイズオプションに対応しないといけないかもしれないわけで、
もし、プロジェクトが失敗なんてした日には、ブラウザシェアをさらに落とすことになりかねないしね。