割り切った低価格3万3800円ノートPC「FFF-PC03B」

ガジェット

FFF SMART LIFE CONNECTEDから低価格ノートPCの新モデル「FFF-PC03B」が登場
2021年2月25日より出荷開始

14.4型でお値段3万3800円ながらも解像度はフルHDの1920×1080となっている。
使い方次第ではサブ機として優秀な筐体だと思う。

スポンサーリンク

FFF-PC03Bの性能とやらは

前モデルにあたる「MAL-FWTVPC02BB」をより使いやすくしたモデルが「FFF-PC03B」になります。
特に日本語配列のキーボードを見直しタイピングしやすいキー配列とサイズに変更されているのが特徴

個人的には「Delete」キーが電源ボタンの横にあるのはあまり好きではないがね・・・

FFF-PC03Bのスペック

低価格だからといって、使いものにならないなら買うだけ無駄って話ですが、そうでもない。

OSWindows 10 Pro 64bit
CPUIntel Celeron Processor 5205U [Comet Lake] (2コア2スレッド)
メモリPC3-1600 4GB(LPDDR3)
グラフィックIntel UHD Graphics
ディスプレイ14.1インチ(IPS方式採用/グレア)1920×1080ドット (明るさ 約250cd)
ストレージeMMC 64GB シリアルATA接続2.5インチ(7mm)増設可能 / M.2(SATA2280)増設可能
インターフェースUSB3.0×2 / USB3.0 Type-C×1 / 有線RJ45LANコネクタ×1(1Gbps対応)miniHDMI×1 / マイクロSDカードスロット×1 / 3.5mmφヘッドホンジャック×1
無線LANIEEE802.11a/b/g/n / IEEE802.11ac(W52/W56対応)Bluetooth5.1
バッテリー駆動時間約8.8時間
サイズ約334(W)×220(D)×21.1(H)mm
重さ約1.4Kg

最近の低価格ノートPCでもフルHD(1920×1080)ってモデルが増えてきたのは有難い話ですね。IPS搭載モデルなので画質もキレイ。
何気にOSがProってのもビジネス向けにいいのではと思う。

CPUはCeleronだが、第10世代となっているのでOffice作業などには何の問題もない。ストレージがeMMc64GBで非力ではあるが、SATA接続2.5インチベイとM.2(SATA2280)ベイがあるのでストレージの拡張か簡単にポン着けできる。

他にもmicroSDスロットもあるので外部ストレージには困らないはず。

インターフェース類に優先LANポートがあるはありがたい。USB3.0×2 / USB3.0 Type-C×1ポートもあるので外部機器に接続が困ることはないでしょうね。3.2じゃないのが残念ではあるが・・・

メモリは4GBと今の時代だと少し物足りないようにも思えるが8GB以上を望むのであれば、どうしても5万円以上のノートPCになってくる。あと残念ながらメモリの拡張でできないと思われる。たぶんeMMc搭載なのでメモリは基盤にはんだ付けされたマザーボードではないだろうか。

見た目はシンプルで好印象

筐体については記載がなかったが、たぶん樹脂製でしょうね。この価格帯でアルミボディってことはないだろう。

見た目はロゴなど特になくすごくシンプル。

スポンサーリンク

使用用途

低価格ノートPCなので、動画編集や画像編集には向いてない。CPUもメモリ足らない・・・
それでも、Office作業する分には十分な性能はある。

なのでテレビ会議用やサブ機、初めてのパソコンとしてはいいと思う。
OSもwindows10 Proなのでビジネス向けにも使えるはず。

スポンサーリンク

FFF-PC03B購入時の注意点

いくつか注意点があるので上げておきたい。

  • 2.5インチ、M.2ベイがあるが拡張後にはPC故障の保証対象外になる
  • メモリの拡張はできない
  • Office搭載モデルもあるが、Kingsoft製になる

ストレージの拡張は2.5インチのSSD256GBとSSD480GBを搭載したモデルもあるのでストレージが気になる人はそちらを購入することをおすすめします。