Wi-Fiが繋がりにくい場所があるなら中継器を使うと良くなる

便利アイテム

部屋の中でWi-Fiの電波が弱い場合や電波が届きにくい場所ありませんか?
一人暮らし用のマンションなら、そんなことにもならないでしょうが、戸建てや2LDKや3LDKのマンションの場合どうしても1つのルーターではカバーできない場所が出てきます。

「Google Home」のようなネットに繋ぐ機器が増えたことでWi-Fiが届かない場所があると不憫に感じることが多いです。
今回は、戸建てやファミリー向けマンションでのWi-Fi環境を良くするための中継器を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Wi-Fi中継器って何?

Wi-Fi中継器とは、名の通りWi-Fiの電波を中継し、より遠くにまで電波を送るためのものです。

例えば、上の図のように、Aの場所にルーターが設置されているとBの場所にはWi-Fiの電波が届きにくい場合があります。なので、AとBの間にWi-Fi中継器を設置すること電波を届けれるようになります。

Wi-Fi中継器のメリット

先の図のようにルーターから距離が離れている場合や壁や扉などの障害物がある場合には電波は弱まってしまいます。Wi-Fi中継器を設置することでルーター単体では届かなかった電波を届けることができます。

また、戸建ての1階にルーターがあり、2階、3階へと電波を届けたい場合にもWi-Fi中継器は役立ちます。

Wi-Fi中継器のデメリット

Wi-Fi中継器、単体では意味がありません。電波を発信する親機(ルーター)が必要になります。
後述するWi-Fi中継器の購入ポイントで詳しく書きますが、Wi-Fi中継器の多くは同じ周波数帯で送受信を同時に行えないです。
※デュアルバント対応のWi-Fi中継器を利用すれば回避できます。

デュアルバントを利用しても、回線が混雑し速度低下する可能性もあります。

スポンサーリンク

Wi-Fi中継器の購入ポイント

Wi-Fi中継器を購入するにあたって、いくつか確認しておくことがあります。

  • 親機(ルーター)の通信規格
  • 親機(ルーター)の周波数帯(2.4GHz、5GHz)
  • Wi-Fi中継器の接続場所(電源コンセント)

上記の点を確認してください。特に3つ目のコンセントの位置は重要です。Wi-Fi中継器の大半がコンセントに直接挿すものが多いため、電源が確保できないとなると設置できません。

スポンサーリンク

親機(ルーター)の通信規格と合わせる

Wi-Fi中継器にも対応している通信規格や周波数帯があります。親機(ルーター)の性能に近いものを選ぶ必要があります。

ざっくりと2.4GHz帯と5GHz帯に分かれます。例えば、親機(ルーター)が2.4GHz帯にしか対応してない場合は、Wi-Fi中継器でも2.4GHz帯でしか接続できません。(11g、11bと表現される)

逆に親機(ルーター)が5GHz帯にしか対応してない場合には、Wi-Fi中継器も5GHz帯でしか接続できません。(11ac、11aと表現される)もし、2.4GHz帯にしか対応していないWi-Fi中継器を購入した場合は中継できません。

通信速度も親機(ルーター)が1200Mbpsまで対応していても、Wi-Fi中継器が150Mbpsまでしか対応していない場合は、中継先の機器には最大で150Mbpsの速度でしか接続できませんので親機(ルーター)と同等の通信速度のWi-Fi中継器を購入することをおすすめします。

基本的に同じ通信規格同士であれば、親機(ルーター)とWi-Fi中継器は別メーカーでも問題なく接続できます。しかしWi-Fi中継器の中には、互換性のあるメーカー表記をしている製品もありますので、相性に不安を持つ方は親機(ルーター)と同じメーカーのWi-Fi中継器を購入してください。
スポンサーリンク

デュアルバンドのWi-Fi中継器を選ぶべし

先にも書きましたが、1つの周波数帯のみ中継する方式の場合、通信速度が低下することがあります。もし親機(ルーター)がデュアルバント対応していない場合はこの際、デュアルバント対応の製品に交換したほうがいいです。

デュアルバンド同時接続とは

【親機(ルーター)からWi-Fi中継器】と【Wi-Fi中継器から子機(PCやスマホなど)】の通信を5GHz帯と2.4GHz帯の2つの周波数帯を同時使用できる方式です。

デュアルバンド同時接続

デュアルバンド切替式/シングルバンド

【親機(ルーター)からWi-Fi中継器】と【Wi-Fi中継器から子機(PCやスマホなど)】の通信を5GHz帯と2.4GHz帯の2つを交互に使用するため通信処理に時間がかかり速度低下します。

スポンサーリンク

オススメのWi-Fi中継器は何?

Wi-Fi中継器も様々あります。先に述べてたポイントとは別に人によっては有線LANポートが欲しいという人もいると思います。Wi-Fi中継器の中には有線LANポートを備えた製品もありますので探してみてください。

個人的にオススメするのは以下です。