NVIDIAのGeForce RTX 2080 Tiっていいのかな

ガジェット

NVIDIAはドイツで現地時間8月20日にPCゲーム用グラフィックスカード「GeForce RTX」シリーズを3つ発表しました。
「GEFORCE RTX 2080 Ti」「GEFORCE RTX 2080」「GEFORCE RTX 2070」
GPU性能を従来の6倍以上に引き上げた第8世代GPUアーキテクチャ「Turing」を採用しているそうです。

9月20日発売の予定だたとか

お値段がRTX 2070が499ドル(約5万5000円)から、RTX 2080が699ドル(約7万7000円から、RTX 2080 Tiが999ドル(約11万円)からとなっているそうです。

Sponsored Links

第8世代GPUアーキテクチャ「Turing」って何?

Turingは、新開発のレイトレーシング専用プロセッサ「RTコア」と、AI(人工知能)のディープラーニングに特化した「Tensorコア」を搭載。Turingのハイブリッドレンダリング機能を使うことにより物理シミュレーションでPascal世代の6倍の性能を発揮する新しいアーキテクチャのこと
詳しくはこちら

こちら、なにが驚きかって、RTコアのレイトレーシング性能はPascal世代と比較して最大25倍になるという。
これにより、リアルタイムのレイトレーシングが可能になるとか。
まぁこんな言い方してもわからないですよね。ゲーマー向けに言うと、最新のゲームでも、4KのHDRゲームを60fpsのフレームレートで再生できるってことです。

GeForce RTXシリーズの気になるスペックは?

どうもRTXシリーズ3つとも、リファレンス用の高スペックモデル「Founders Edition」なるものがあるようです。
その分お値段上がりますがね・・・

GeForce GPU Ray Trachig Performance Memory Starting At Founders Edition
RTX 2080Ti 10 GigaRays/sec 78T RTX-OPS 11GB $999 $1200
RTX 2080 8 GigaRays/sec 60T RTX-OPS 8GB $799 $799
RTX 2070 6 GigaRays/sec 45T RTX-OPS 8GB $499 $599