「GRAM XS」キーボードはCherryスイッチ採用なのに厚さ24mm

ガジェット

メカニカルキーボードといえば、Cherryスイッチ軸ですよね。
TESOROの薄型ゲーミングキーボード「GRAM XS(G12ULP)」が発売されたのですが、こちら、Cherryスイッチを採用していながら、厚さ24mmとという薄いキーボードになります。

画像は英字タイプですが、日本での発売は日本語タイプになります。
カラーも2色で、
ブラック(TS-G12ULP-B-BL-JP)
ホワイト(TS-G12ULP-W-BL-JP)
になります。

お値段ですが、1万4800円(税抜)となっています。
ゲーミングキーボードとしては、普通の値段ですかね・・・

スポンサーリンク

GRAM XSの性能とやらは

メカニカルタイプのCherry MXスイッチ、青軸を採用しているそうで、結構カチカチ音がするタイプなので、オフィスなどの利用には向かない仕様です。
ゲーミングキーボードならではのバックライト機能を備えおり、キー操作で明るさを調節できるほか、Windowsキー・Fnキーのロック、マクロ記録、プロファイル登録などの機能は当たり前にあります。

キー数は108、キートップには(かな表記あり)となっています。
かな表記はいらねーな・・・

なんといっても、薄型ということで、厚みに24mmしかないというのが最大の特徴でしょうね。

パンダグラフやメンブレンのような薄さでありながら、メカニカルタイプということで、もともと、メカニカルタイプを使っていなかった人でも違和感なく操作できるのではないですかね。
細かな仕様は下記を確認してください。

モデル番号G12ULP
スイッチ形式超薄型メカニカルスイッチ:青軸or赤軸のスイッチを選択可能
キーボード色黒/白
反応距離青:1.1mm +/- 0.4mm
赤:1.1mm +/- 0.4mm
操作圧力青:40g +/- 10g
赤:45g +/- 10g
移動距離青:3.0mm +/- 0.3mm
赤:3.0mm +/- 0.3mm
プロセッサ32ビットARM Cortexプロセッサ
メモリーMCU 32KB + フラッシュ 4Mビット
超高速ポーリングレート1000 Hz
接続USB
キーのロールオーバー6-キー/N-キーオプション
バックライト1680万RGB色
照明効果キー単位でイルミネーションをカスタマイズ
マルチメディアキー6
ケーブル1.8m着脱式編線ケーブル
システム要求WIN 7 / WIN 8 / WIN 10 x86およびx64、USBポート搭載のPCシステム、ソフトウェアダウンロード用のインターネット接続
保証期間1年
製品寸法(WxHxD)450 x 126.5 x 24 mm
パッケージ寸法(WxHxD)500 x 201 x 39 mm
製品重量(ケーブル込み)800 g
製品重量(パッケージ込み)1175 g

上記の情報は公式からとってきたのですが、赤軸があるのか?
Amazonなんかで探してみたが、赤軸モデルが見つからない・・・・・
日本では販売してないのかな・・・

GRAM XSメカニカルキーボード