Ryzen 9かCore i9-10900KかRTX 3080搭載ゲーミングPCを比較

ガジェット

各BTOメーカーからもRTX 3080搭載モデルのゲーミングPCが出てきました。

パソコンショップSEVENからもRTX 3080搭載モデルが発表されたので紹介したい。
今回CPUをAMD Ryzen 9とIntel Core i9を採用したモデルが登場している。
基本構成が同じだがCPUの違いでどうなるのだろうか・・・

スポンサーリンク

AMD vs Intelスペック比較

基本構成が同じでCPUのみ違う

型番ZEFT G15ASX(Intel)ZEFT R15P-ASV(AMD)
OSWindows 10 ProWindows 10 Pro
CPU Core i9-10900K
通常時 3.7GHz TB時 5.3GHz 10コア20スレッド
AMD Ryzen 9 3900XT
通常時 4.1GHz 最大ブースト時 4.8GHz ×12コア24スレッド
マザーボード Z490チップセット搭載
ASUS ROG STRIX Z490-E GAMING
AMD® X570 チップセット
メモリ32GB DDR4メモリ DDR4-266632GB DDR4メモリ DDR4-3200
ストレージ1TB SSD NVMe Samsung製1TB SSD NVMe Gen.4対応
2TB ハードディスク2TB ハードディスク
GeForce  RTX3080GeForce  RTX3080
無線LAN無線LAN Wi-Fi 6内蔵無線LAN Wi-Fi 6内蔵
有線LANギガビットLANギガビットLAN
価格418,800円424,800円

両モデルとも、ASUS製 360mm水冷クーラーを搭載している。
ケーるもASUS Heliosを採用している。サイズは高さ:565mm 幅:250mm 奥行き:591mmとかなり大きい。

微妙に違うのがマザーボード、メモリ、SSDが違う。

Core i9搭載のほうのSSDはM.2 / Samsung SSD 970 EVO Plus 1TBに対して
Ryzen 9搭載のほうはCFD NVMe PCIe Gen.4 PG3VNFを採用している

カタログスペックだけでいえば、CFDのほうが読み書きの速度は速い。

メモリもCore i9搭載のほうはCrucial製 DDR4-2666 16GB ×2枚に対して
Ryzen 9搭載のほうは、Crucial製 DDR4-3200 16GB ×2枚と規格が違うものが採用されている。

スポンサーリンク

AMDとIntelどっちがいいの?

結局どっちがいいのかってのが皆さん気になるところでしょう。
「週刊アスキー」がベンチマークテストをやっていたのでそこから拝借

「3DMark」の総合スコアを確認すると、AMDとIntelで大差はないほぼ誤差の範囲だと言える。

しかし、「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク」を実行すると少々結果が変わってきたようです。

「ZEFT G15ASX」(Intel構成)が「ZEFT R15P-ASV」(AMD構成)に6~15%ほど差をつける結果になっている。
Ryzen 9の12コア24スレッドをもってしても、Core i9の10コア12スレッドには届かない・・・
※1コアの性能はItenlのほうが上です。

ただ、4K(3940×2160)では大差はないので4K解像度でのプレイでは差は感じないと思われます。

詳しく知りたいかたは週刊アスキーを確認

ゲームに主軸を置いた場合は、まだまだ、Intel製のCPUのほうが、性能はいいようです。