ドスパラの「GALLERIA」から登場RTX 3090搭載ゲーミングPC

ガジェット

RTX 30シリーズのゲーミングPCいち早く、RTX 3080を搭載したPCをマウスコンピューターが販売開始してました。

今度は、株式会社サードウェーブ、ドスパラから販売です。
RTX 3080の上位版の「RTX 3090」を搭載したモデルです。

2020年9月24日から全国のドスパラ各店及び、ドスパラ通販サイトで販売を開始してます。
また、既に在庫切れとなっているモデルも出てます。

スポンサーリンク

最上位モデルGALLERIA UA9C-R39 ガレリア UA9C-R39


見た目はこんな感じ、ちなみに、フロント部分のLEDライティングがあり(ブルーの部分)専用ソフトウェアでパーソナライズされたライティングが可能です。

3D性能はドスパラのベンチマーク

3DMark
Time Spy17631
Fire Strike31759
Fire Strike Ultra12243

総合スコアは8126
ちなみにRTX2070Superを搭載したモデルの総合スコアは7238と1000ポイント近く差がある。えげつないですね。

GALLERIA UA9C-R39 RTX 3090搭載

GALLERIA UA9C-R39 ガレリア UA9C-R39のスペック

詳しいスペックを見たいと思います。

OSWindows 10 Home 64ビット (ディスク付属)
CPUインテル Core i9-10900K (3.70GHz-5.20GHz/10コア/20スレッド)
グラフィック機能NVIDIA GeForce RTX 3090 24GB GDDR6X (HDMI x2,DisplayPort x3)
電源850W 静音電源 (80PLUS GOLD)
メモリ32GB DDR4 SDRAM(PC4-23400/16GBx2/2チャネル)
SSD1TB NVMe SSD (M.2 2280, 読込速度 3200MB/s, 書込速度 3000MB/s)
ハードディスク/SSD2TB HDD
LANギガビットLANポート x1 (マザーボードオンボード)
マザーボードインテル Z490 チップセット ATXマザーボード
PCI-E x16 x2, PCI-E x1 x4 / メモリスロット x4(最大64GB) / SATA3 x4 / M.2 x2
※M.2_2 ソケットとSATA6G_2 ポートは排他利用となり、同時に使用はできません。
入出力ポート前面:USB 3.2 Gen1 Type-A x4 背面:USB2.0 x2 USB3.2 Gen2 x2 (Type A x2) USB3.2 Gen1 x2 (Type A x2)
サイズ220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
重量約14kg

専用ケースにはフロント14㎝の静音ファン、リアにも14㎝の静音ファン、トップケースファン後部に14cm 静音FAN (約900rpm)が搭載されています。
専用ケースのデスクトップではあるものの、光学ドライブは搭載されてません。

NVIDIAゲームバンドルキャンペーンとして、「Watch Dogs Legion」がバンドルされてます。

CPUがCore i9-10900Kと現在の最高峰のCPUが搭載されてます。
NVIDIA GeForce RTX 3090 24GB GDDR6Xが搭載されているの最大の目玉焼き

お値段も429,980円(税別)とかなり高価です・・・

詳しくはGALLERIA UA9C-R39 RTX 3090搭載
を参照してください。

スポンサーリンク

GALLERIA ZA9C-R39 ガレリア ZA9C-R39

見た目は同じ専用ケースです。

3D性能はドスパラのベンチマーク

3DMark
Time Spy17176
Fire Strike31346
Fire Strike Ultra12314

統合ベンチマークは8027
最上グレードと大差はないですね。

GALLERIA ZA9C-R39 RTX 3090搭載

GALLERIA ZA9C-R39 ガレリア ZA9C-R39のスペック

上位グレードから少し劣る3Dベンチマークですが、こちら残念ながら、今のことろ在庫切れ・・・
それだけ人気のモデルってことでしょうね。

OSWindows 10 Home 64ビット (ディスク付属)
CPUインテル Core i9-10850K (3.60GHz-5.20GHz/10コア/20スレッド)
グラフィック機能NVIDIA GeForce RTX 3090 24GB GDDR6X (HDMI x2,DisplayPort x3)
電源850W 静音電源 (80PLUS GOLD)
メモリ16GB DDR4 SDRAM(PC4-23400/8GBx2/2チャネル)
SSD1TB NVMe SSD (M.2 2280, 読込速度 3200MB/s, 書込速度 3000MB/s)
ハードディスク/SSDHDDはなし
LANギガビットLANポート x1 (マザーボードオンボード)
マザーボードインテル Z490 チップセット ATXマザーボード
PCI-E x16 x2, PCI-E x1 x4 / メモリスロット x4(最大64GB) / SATA3 x4 / M.2 x2
※M.2_2 ソケットとSATA6G_2 ポートは排他利用となり、同時に使用はできません。
入出力ポート前面:USB 3.2 Gen1 Type-A x4 背面:USB2.0 x2 USB3.2 Gen2 x2 (Type A x2) USB3.2 Gen1 x2 (Type A x2)
サイズ220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
重量約14kg

上位モデルとの差は、CPUがCore i9-10850Kと少々下がるのと、メモリ16GBと上位モデルの半分で、セカンドストレージのHDDがないってぐらいです。

それでも現れる価格差、お値段、369,980円(税別)

価格差60,000円、これだけあれば、高性能なモニターを買うこともできますね。ベンチマーク差は大したことないですし、メモリはあとからも追加できるわけですし人気なのもうなずける。

こちらもNVIDIAゲームバンドルキャンペーンとして、「Watch Dogs Legion」がバンドルされてます。

GALLERIA ZA9C-R39 RTX 3090搭載

スポンサーリンク

GALLERIA ZA7C-R39 ガレリア ZA7C-R39

こちらも見た目は同じです。

3D性能はドスパラのベンチマーク

3DMark
Time Spy17192
Fire Strike31501
Fire Strike Ultra12206

統合ベンチマークは7796

詳しいスペックは後述するとして、ベンチマークテストはRTX 2070Superの7238よりは上ですが、あまり差がない気もする・・・・

とはいえ、RTX 3090搭載というのは魅力的・・・・

GALLERIA ZA7C-R39 ガレリア ZA7C-R39の詳細スペック

下位モデルというのだろうか・・・RTX 3090を搭載しているがCPUはi7搭載のスペックを紹介しておきます。

OSWindows 10 Home 64ビット (ディスク付属)
CPUインテル Core i7-10700K (3.80GHz-5.10GHz/8コア/16スレッド)
グラフィック機能NVIDIA GeForce RTX 3090 24GB GDDR6X (HDMI x2,DisplayPort x3)
電源850W 静音電源 (80PLUS GOLD)
メモリ16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
SSD1TB NVMe SSD (M.2 2280, 読込速度 3200MB/s, 書込速度 3000MB/s)
ハードディスク/SSDHDD無し
LANギガビットLANポート x1 (マザーボードオンボード)
マザーボードインテル Z490 チップセット ATXマザーボード
PCI-E x16 x2, PCI-E x1 x4 / メモリスロット x4(最大64GB) / SATA3 x4 / M.2 x2
※M.2_2 ソケットとSATA6G_2 ポートは排他利用となり、同時に使用はできません。
入出力ポート前面:USB 3.2 Gen1 Type-A x4 背面:USB2.0 x2 USB3.2 Gen2 x2 (Type A x2) USB3.2 Gen1 x2 (Type A x2)
サイズ220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
重量約14kg

CPUはCore i7-10700Kと第10世代なので、十分なスペックです。なんせ8コア/16スレッドですからね。

ちなみに、こちらもNVIDIAゲームバンドルキャンペーンとして、「Watch Dogs Legion」がバンドルされてます。

お値段は349,980円(税別)

んーRTX 3090は高価ですからね、なんせ8Kですから・・・30万円以上はしますよね。

GALLERIA ZA7C-R39 RTX 3090搭載

スポンサーリンク

ドスパラのRTX 3090搭載モデルの懸念点

ライバル会社であるマウスコンピュータは1200wの電源を搭載してます。しかし、ドスパラのモデルは850Wの電源です。

RTX 3090は350wの電力を消費します。推奨システム電源750wとなっているので、850wでも十分ではあるのですが、内蔵HDDを追加したり、メモリを追加した場合必要となる電力は増えます。

そうなると、推奨電力と100wしか差がないのですぐに、推奨電源を超えるかもしれません・・・・

あと、光学ドライブが搭載してない・・・・

もし購入を検討されてるのであれば、電源はカスタマイズ注文で850w以上に変更することをおすすめします。

ライバル会社のマウスコンピュータのモデルが知りたい方は下記参照