「instax SQUARE SQ6」は大人なチェキで撮影機能が満載

ガジェット

手軽なポラロイドということで、人気に火がつき多数のモデルが発売されたチェキ。

今回あらたなモデル「instax SQUARE(インスタックス スクエア) SQ6」が発売されます。
既にトップの画像を見てもらえればわかるとおり、3色展開です。
パールホワイト、ブラッシュゴールド、グラファイトグレイという呼び方のようです。
価格はオープン。でまだ未定です。

5月25日より発売開始になりますが、多彩な撮影機能の搭載していることとスクエアフォーマットが特徴ということなので詳しく見ていこうと思います。

Sponsored Links

スクエアフォーマットって何?

こちらは、既に発売されている「instax SQUARE SQ10」で採用された、縦横比1:1のフィルムのことです。
通常(instax mini)のカードサイズに比べ、撮影範囲が広く、被写体の背景やその場の雰囲気も含めて表現可能になっています。
インスタグラムのような感じと思っていただければ分かりやすいかも・・・


真ん中のがスクエアタイプです。

今回は黒フレームのソリッドカラースクエアフィルム「BLACK(ブラック)」も同日発売が予定だそうです。。写真が引き締まって見える感じです。

 

 

instax SQUARE SQ6の機能はどうなの

多彩な撮影機能の搭載しているというけども・・・・

  • オートモード
    シャッターボタンを押すだけで、カメラが自動で周囲の明るさを感知し、最適なシャッタースピードやフラッシュ光量に調整する自動露光調整機能
  • セルフィーモード
    自分撮りに最適なピントと明るさに調整
  • 露出調整
    明るめ/暗めに調整
  • マイクロモード
    最短30cmまでの近距離撮影が可能
  • 遠景モード
    2m~∞までの遠距離撮影が可能
  • 二重露光モード
    シャッターを2回押すことで1枚のフィルムに2つの画像を重ねることができる
  • セルフタイマー
    セルフタイマー機能を使用して、集合写真などが撮影可能
  • フラッシュオフ
    フラッシュをオフにすることで、自然光を活かした撮影が可能

んー多彩な機能ですねといいたいところですが、これらすべて既に他のモデルでも搭載されてますね・・・・
二重露光モードはinstax mini 90のときに搭載された機能です・・・
ただ、instax mini 90はスクエアフォーマットではなかったけども、instax SQUARE SQ10はスクエアフォーマットで二重露光モードも搭載している。

今回のモデルは、instax SQUARE SQ10をリニューアルしておしゃれにした感じ?のように思えます。

instax SQUARE SQ6の付属品には○○○がつく

今までにあったモデルがおしゃれになっただけかと思いつつ公式サイトをみていたのですが、下のほうにある付属品になにやら面白そうなものが・・・


フラッシュカラーフィルター(3色)を同梱(オレンジ/パープル/グリーン)されるやないかい。
これはこれで面白そうな写真が撮れそうです。

instax SQUARE SQ6プロモーションMOVIE 30秒/富士フイルム