FRONTIERから第10世代Coreを採用した14型ノートPCを発売

ガジェット

インバースネット株式会社のブランド、「FRONTIER」から14型ノートPC「NSシリーズ」が登場した。
主な特徴はモバイル用第10世代Coreを搭載したモデルというところ。
かつ、重量が942gと1kgを切ってる。14型にしては軽いモデルになってる。

もちろん、カスタマイズ注文もできるので、使用用途に合わせたカスタマイズができるのがFRONTIERのいいところ。
前回紹介した。ASUSのノートPCより使い勝手がいいかもしれない。

スポンサーリンク

NSシリーズの性能とやらは

NSシリーズはFRONTIERの数あるノートPCの中で第10世代Coreを搭載したノートPCになっている。
また、本体の重量が942gと非常に軽い。
これは、本体を軽量なマグネシウム合金を採用しているからです。
ただ、軽くするだけであれば、本体をプラで作ってしまえば軽くはなるのですが、そうすると強度がなくなります。

マグネシウム合金を採用することで、軽量でかつ丈夫な筐体を実現しているわけです。
その頑丈さは、アメリカ国防総省が制定しているMIL規格(MIL-STD-810G)をクリアしてます。
だからといって、投げたりしちゃダメです。

インターフェースはUSB Type-C 3.2(3.1/3.0) Gen2 (Max 10Gbps)はDisplayPort Alternative ModeとUSB Power Deliveryをサポート。USB Power Deliveryは対応したUSB Type-C電源アダプター(45W以上を推奨)やモバイルバッテリーからの充電が可能となっている。
最悪バッテリー切れになっても対応したモバイルバッテリーがあれば駆動できるのも特徴。

とはいえ、連続バッテリー駆動時間は約13.7時間と長時間のため、出張などの出先で1日(1日の労働を8時間とする)Office作業をしてもバッテリーだけで済む。

第10世代Core採用

開発コードComet Lakeの第10世代Coreですが、以下のような性能になってます。


Core i5-10210U

Core i7-10510U
動作周波数1.60GHz1.80GHz
ターボブースト4.20GHz4.90GHz
キャッシュ6MB SmartCache8MB SmartCache
コア数4
スレッド数8
内蔵グラフィックスインテル UHD グラフィックス
ハイパースレッディング
Quick Sync Video
TDP15W

メモリは最大24GBまで増設可能

カスタマイズ注文できるわけですが、メモリは最大24GBまで搭載することが可能になってます。
16GBの次は大体32GBになるのですが、24GBとは馴染みがない。
どうやらメモリは標準で8GBを搭載しており、空きスロットが1つあるようで、8GBを増設するか16GBを増設になるようです。

メモリ組み合わせ
8GBオンボード8GB(通常)
16GB+8GB増設
24GB+16GB増設

ちなみに、メモリはDDR4 SODIMMが採用されています。
モジュールはPC4-21300、チップはDDR4-2666、動作周波数1333MHzになります。

スポンサーリンク

NSシリーズの詳細スペック

主にi5のモデルとi7のモデルになるのでが、ストレージ、メモリの組み合わせで4パターンがラインナップされています。
気になる詳細スペックは下記、

モデルi5 基本モデルi5 おすすめ構成 i7 基本モデルi7 おすすめ構成
OSWindows 10 Home 64bit版
CPUi5-10210Ui7-10510U
メモリ8GB(オンボード)16GB
(オンボード8GB+8GB×1)
8GB(オンボード)16GB
(オンボード8GB+8GB×1)
SSD256GB M.2 NVMe512GB M.2 NVMe1TB M.2 NVMe
グラフィックインテル UHD グラフィックス
無線LANIEEE802.11 ax/ac/a/b/g/n (インテル Wi-Fi 6 AX201, 2×2, 最大2.4Gbps) + Bluetooth 5.0
ディスプレイ14型フルHD非光沢液晶 (1920×1080ドット)
サイズ幅(W):約322mm × 高さ(H):約16.5mm(突起物除く) × 奥行(D):約216.8mm
重量約942g
価格(税抜)96,800円104,800円109,800円119,800円
保障1年

IEEE802.11axに対応しているということで、最近のトレンドのWi-Fi6対応してます。
また、送信と受信を各2ストリームずつ並列処理する「2×2」MIMO方式の採用により、最大2.4Gbpsという超高速データ転送を実現した「インテル® Wi-Fi 6 AX201」を搭載してます。
高画質の動画のストリーミングもスムーズに再生できます。
※契約しているインターネット回線により変わります。

カスタマイズ注文

どのモデルもカスタマイズ注文が可能で、windowsをHomeからProへ変更やメモリを最大24GBに変えることができます。もちろん、ストレージも1TBのSSDを選択することが可能です。

また、WPS Officeの30日間無料体験版も入っていますが、注文時に3000円プラスすることでライセンスを同梱してくれます。

キングソフトのWPS Officeはちょっと・・・と思われるかた大丈夫です。
マイクロソフトのOffice用途に合わせて3種類から選べる。

Office Personal 2019Word、Excel、OutLook
Office Home and Business 2019Word、Excel、OutLook、PowerPoint、OneNote
Office Professional 2019Word、Excel、OutLook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access
スポンサーリンク

NSシリーズのインターフェースを詳しく見る

ちなみにPCは180度まで開きます。

インターフェースについて詳しくみたいと思います。
公式サイトから拝借。

USBは左右に1つずつ振り分けされています。

そして、お気づきでしょうか?

電源ボタンも右側面にあります。
これはありがたい。キーボード内に電源ボタンがないので、ブラインドタッチで押し間違うことはない。
ちなみにキーボードはこんな感じ↓

矢印キーが個人的に気に入らんと思ってしまうが、それ以外は不満のない配置になっている。

NSシリーズの詳細はこちらから