ASUS ASUS X545FA 第10世代Coreシリーズ採用でお値段もお手頃

ガジェット

Asus Japanから2020年2月7日から販売されるノートPC「ASUS X545FA
第10世代Coreプロセッサーを搭載する15.6型ノートPCを発表しました。

もう、第10世代なんですね・・・
私が買った第9世代Coreのデスクトップまだ半年ほどしかたってないんですけどね・・・

それはさておき、Asus第10世代を採用していてもお値段は手ごろなところがありがたい。

スポンサーリンク

ASUS X545FAの性能とやらは


カラーは2色展開で、トランスペアレントシルバーとストレートグレー
シルバーとグレーとういい方じゃダメなんだろうか・・・

本体サイズが15.6型と大きめだと思うが、幅360.2×奥行き234.8×高さ23.0mmで従来の15.6型ノートPCよりコンパクトなサイズを実現している。
ちなみにディスプレイは1920×1080のノングレア使用
視野角は上下左右170度、左右のベゼルが7.20㎜という細さを実現している。

動画再生時の画質を最適化する「Tru2Life機能」を搭載しており、ストリーミング動画をより鮮明な画質で再生することができるそうです。
AmazonプライムやHuleなど契約している人にはお勧めできる機能ですね。

ブルーライト軽減などのディスプレーのカスタマイズが行える「Splendid機能」も備えているので長時間利用でも目の疲れを軽減できるようになってます。

ASUS X545FAにはバッテリーにモードがある

ノートPCを利用する上でばバッテリーの問題は必ずあります。
長年使っているとバッテリーの劣化により駆動時間が短くなってきたり、ACアダプター使用してバッテリーが過充電されるなど・・・

ASUS X545FAは、使い方に合わせた充電モードがあります。
バッテリーの性能を限界まで引き出す、「フルキャパシティモード」
充電と持ち歩きを繰り返す場合の「バランスモード」
ACアダプターを繋いだ状態で使用する場合の「マックスライフモード」
計3つのモードが用意されています。

バッテリー駆動時間は約6.7時間、フル充電に必要な時間は2時間となっている。

インターフェースはどうなっている?

ノートPC単体で利用する人もいるでしょうが、マウスを接続したり、外付けストレージを利用したりとインターフェースをいろいろ必要になりますよね。
別途ドッキングステーションを購入しないといけないとか面倒ですし、持ち運ぶのは邪魔になります。

USB3.0が2つ、USB2.0が1つ、イヤホンジャック、HDMI、microSDスロット、LANポート、DVDマルチドライブがあります。
なぜ、この時代にUSB2.0がまだついてるのか謎ですがmicroSDが直接刺せるのはいいですね。
15.6型ということもあって、DVDマルチドライブもついてます。

キー配列は?


キーの配列はこんな感じのようです。(英字)
日本で販売されるものは日本語使用になるので、若干変わってくるとは思いますが、おおむねこの形だと思われます。

気になるのが電源ボタン。個人的に押し間違いをしてしまいそうな位置にある・・・テンキーあるからそこまで押し間違わないかもしれないけれど

ASUS X545FAの詳細スペック

詳細スペックを紹介しましょう。

i7モデルi3モデル
型番X545FA-BQ075TX545FA-BQ139T
カラースレートグレー
トランスペアレントシルバー
左と同様
OSWindows 10 Home 64ビット左と同様
CPUインテル Core i7-10510U プロセッサー
動作周波数:1.8GHz (インテル ターボ・ブースト・テクノロジー2.0利用時は最大4.9GHz)
CPU名:インテル Core™ i3-10110U プロセッサー
動作周波数:2.1GHz (インテル ターボ・ブースト・テクノロジー2.0利用時は最大4.1GHz)
メモリ容量8GB DDR4左と同様
表示機能ディスプレイ:15.6型ワイドTFTカラー液晶
表面仕様:ノングレア
解像度:1,920×1,080ドット (フルHD)
タッチパネル:非搭載
グラフィックス機能:インテル® UHD グラフィックス
ビデオメモリ ※3:メインメモリと共有
外部ディスプレイ出力 ※4:最大3,840×2,160ドット
左と同様
ストレージSSD 512GB
(PCI Express 3.0 x2接続)
左と同様
サウンドサウンド規格:ハイデフィニション・オーディオ準拠
スピーカー:ステレオスピーカー内蔵 (2W×2)
マイク:アナログマイク内蔵
左と同様
カメラ30万画素Webカメラ内蔵左と同様
センサー指紋認証左と同様
通信LAN:1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T (RJ45)
無線LAN :IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth® 機能:Bluetooth® 5.0
左と同様
入力キーボード:102キー日本語キーボード
ポインティングデバイス:マルチタッチ・タッチパッド
左と同様
インターフェース外部ディスプレイ出力:HDMI ×1
USBポート:USB3.0 ×2、USB2.0 ×1
カードリーダー:microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード
オーディオ:マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
左と同様
電源ACアダプターまたはリチウムイオンバッテリー (2セル)左と同様
バッテリー駆動時間約6.7時間約6.8時間
サイズ幅360.2mm×奥行き234.8mm×高さ23.0mm左と同様
質量約1.9kg左と同様
価格99,818円(税別)78,000円(税別)

Core i7-10510UとCore i3-10110Uでの違いはCPUの違いぐらいしかないですね。
バッテリー駆動時間が少しCore i3-10110U長いのはi7とi3で消費電力が違うからでしょうね。
また、6. 5GHz帯をサポートしてます。Wi-Fi6など対応しているのは今後のトレンドになるかもですね。

2020年2月7日からの販売となってます。

注意点

SSDは512GBが採用されているが、リカバリーイメージなどに使用されるシステム領域が存在するため、512GBすべてが利用できるわけではないようです。
メモリの増設や交換のサポートは行っていないそうです。

WPS Officeが付属しますが、同梱の手順に従い、「WPS Office ライセンスカード」に記載のシリアル番号を入力しないといけないようです。

ASUS X545FAの個人的にここが気に入らん!

ほめてばかりのステマじゃないのが私のブログです。
個人的に気に入らんところがいくつかあるわけですよ。
それを書きたいと思います。

まず、インターフェース、USB2.0はいらんのじゃないかな・・・USB-Type-Cを1つでもつけてもらったほうがいい。

次に、キーボードの配置、電源ボタンを別の位置にしてほしい。これは各メーカーに言えることだけども、
このモデルは15.6型でテンキーがついている箇所に電源ボタンなのでまだ、ましですが、13型より小さいテンキーがないモデルだとブライドタッチしているときに、BackSpaceやDeleteキーの近くに電源ボタンがあると間違って押してしまいます。

i3のモデルであれば、メモリが8GBで十分だと思います。そこまで負荷のかかる処理をすることはないと思うので、ただ、i7のモデルは8GBだと物足りないことになるのではないだろうかと思ってます。増設や交換サポートを行わないのであれば、せめて8GBか16GBを選べるようにしてほしい。

以上です(・´з`・)