PCも壁に掛ける時代なのか?開放型PCケース「Core P5 TG Ti」

ガジェット

デスクトップPCも壁に掛ける時代なんだろうか?

壁掛けも、可能なオープンフレームケースの新モデル「Core P5 Tempered Glass Ti Edition(CA-1E7-00M9WN-00)」が登場しました。

お値段が2万3738円税込みです。

スポンサーリンク

Mod PCなるジャンルがあるのか

知らなかったのですが、Mod PCなる「魅せる」用途向けのPCケースになります。

Mod PCというジャンルなんでしょうかね。いったい誰に魅せるのだろうか・・・・
それはさておき、本体はシャーシの正面に、ガラスパネルがついています。
横から見ると何もないことがわかる。開放型ケースになってます。
埃を集めてしまいそうな空き具合・・・・

内部パーツやLEDによるイルミネーションを魅せることができます。
壁掛けも可能になっていますが、縦置き、横置きと標準的な使い方も当たり前にできます。

※壁掛けするには、別途取り付け金具を用意する必要があります。

ちなみに、前モデルではとめいなアクリル製パネルでしたが、今回は5mm厚の強化ガラスになっています。
また、ドライブベイの位置やマザーボードの設置向きなどをカスタマイズできるように進化しています。

Core P5 TG Tiは何ができる

対応しているマザーボードはATX、microATX、Mini-ITX
ドライブベイは2.5/3.5インチ共用を合計6基備えているので、ストレージモリモリにもできます。
拡張カードスロットも8基、ベースにはUSB3.0×4、マイク入力×1、ヘッドフォン出力×1を搭載しています。
んー最近、下火になってきた仮想通貨マイニング用にもできるな・・・・

対応するCPUクーラーは高さ180mmまでビデオカードは長さ280mmまで電源ユニット(ATX)が奥行き200mmまで、
搭載可能な水冷用ラジエーターは最大480mmサイズ×1。冷却ファンは140mm×3または120mm×4まで取り付けできる。

本体カラーはブラックのみで本体サイズは幅333×高さ608×奥行き570mm。
重量は16.3kg。

ケースだけで16kgなので、壁掛けはオススメしないかなぁ・・・・