実況や配信向けのゲーミングPCならこれでしょ

ガジェット

ツクモから販売されている「G-GEAR」シリーズから、人気女性ストリーマーであるOtofu氏が監修した実況・配信向けパソコンの新モデルが登場しました。

実況・配信を始めてみたい人向けのモデルから高解像度のゲームをプレイしながら快適に実況・配信可能なハイスペックなモデルなど3モデルを用意されています。

近年、eSportsに対する注目が高まっており、PCゲームをプレイしながら実況・配信をする人が増えていることから、このようなモデルが登場したようです。

こちらのスペックですが、前世代よりマルチタスクの処理能力が大幅に強化されたインテル第8世代Coreプロセッサを搭載しており、
快適な環境でPCゲームの実況・配信を楽しむことができます。

GeForce GTXシリーズを搭載したことで、リッチなビジュアルをプレイヤーだけでなく、リスナーにも提供できるようになっています。

ストレージも250GB/500GB SSDを標準搭載することで、ゲームの起動、ロード時間を短縮しています。

また、ネットワークには、インテル製のチップを搭載、安定性を確保、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)も標準搭載した。無線で通信したい人にもおすすめのモデルとなっています。

スポンサーリンク

GI5J-A180T/LS1はコスパ重視

GI5J-A180T/LS1」は、手頃な価格で実況、配信したい人にオススメのコスパ重視モデルになっています。
マルチディスプレーで使えば配信画面とSNSを同時に見ながら配信も可能。
Core i5-8500
8GBメモリー
GeForce GTX 1050 Ti
250GB SSD
サイズは幅183×奥行き390×高さ300mm(本体のみ、突起物含まず)
重量は約7.5kg
お値段は10万7784円から

GI7J-B180T/LS1はMMORPG配信向け

GI7J-B180T/LS1」はMMORPGやMOBAなどのゲームタイトルに置いて実況・配信したい人にオススメなモデルになっています。
GeForce GTX 1060(ビデオメモリー6GB)を搭載し、フルHDでの配信もスムーズに行るようになっています。
Core i7-8700
16GBメモリー
GeForce GTX 1060(ビデオメモリー6GB)
250GB SSD
サイズは幅183×奥行き390×高さ300mm(本体のみ、突起物含まず)
重量は約7.5kg
お値段は14万184円から

GI7J-C180T/LS1は高解像度でプレイしながら配信もできる最上位機種

GI7J-C180T/LS1」はFPSや高解像度のゲームをプレイしながら快適に実況・配信できるハイスペックモデルです。
CPUがCore i7-8700Kに加え、GeForce GTX 1070 Ti (ビデオメモリー8GB)を搭載しており、かなりハイスペックです。
ゲームの環境を妥協したくない場合はさらに上位のグラボや電源ユニットへアップグレードすることも可能です。

Core i7-8700K
16GBメモリー
GeForce GTX 1070 Ti (ビデオメモリー8GB)
500GB SSD
重量は幅183×奥行き390×高さ300mm(本体のみ、突起物含まず)
重量は約7.5kg
価格は19万9584円

いまだにHDDのデスクトップを使っている私はそろそろ買い替えるべきなんだろうがね・・・・

次々、新しいの出てくるので目移りしてしまい結局購入せず、今に至っている・・・・

配信しているわけでもPCゲームしてるわけでもないので、壊れるまで使うかな・・・

サブで使っているノートPCの方が先に壊れそうだが・・・・