【注意喚起】また送られてきたAmazonを語る、詐欺メール

ITニュース

Amazonを語る詐欺メールが届いたので注意喚起のために記事にしてました。
どうやら、多くの人が全く同じメールが届いているようで、Twitterで注意喚起している人たちがいました。

今回また、送られてきたので紹介したい。

スポンサーリンク

本物に寄せてきた


Amazonで購入した際に届く注文確認メール件名は
「Amazon.co.jpでのご注文〇〇〇-〇〇〇-〇〇〇(△点)」

前回送られてきた詐欺メールには(△点)の部分がなかったが、今回は、ちゃんとというかあった。

アカウントの部分はメールアドレスになっているのは前回と同じ
本物のAmazonなら氏名が入る。

名前はたぶん偽名だと思われる。
お届け先の住所は実在しているが、マンションのようで、黒塗りして隠しているが、マンションの部屋数の記載はなかった。
※実在する住所だったので、迷惑をかけないために黒塗りしてます。

赤枠①の箇所
前回送られて詐欺メールには、「私の注文、私の口座」となってましたが、今回は本物に寄せてきたのか
「アカウン|トサービス」になっている。
が、リンクになってないし、日本語の区切りがおかしいw

ちなみに、本物は↓

赤枠②の箇所
前回と違って、本物と同じ文言になっている。
このボタンは本物と同じようになっているので、一目では見分けがつかない。

ボタンのURLは「haitnlucsa.cyou/Jacqueline.php」
前回のものとは異なるが、Amazonへのリンクでないことは間違いない。
※詐欺メールの「注文詳細を表示する」ボタンは絶対にクリックしないでください。

このボタンからマルウェアやウイルスを侵入させようとしています。
あるいは、個人情報を入力させる偽サイトへリンクしているのかもしれません。

スポンサーリンク

慌てずに確認する

前回も記載しましたが、もう一度書いときます。

詐欺メールの本文を読むと「え?」となるようなことが記載されていますので、慌てて、リンクやボタンをクリックしてしまいそうになりますが、冷静になってください。
以下の点に注意してみてください。

  1. 冷静にメール全体を見て日本語のおかしな部分がないか確認する
  2. 慌ててリンクやボタンをクリックしない
  3. メールからではなくブラウザを開いて購入サイトの購入履歴を確認する

本当に購入されていないか確認する場合は、メールのリンクからではなく、
ブラウザを開いて購入サイト検索して注文履歴を確認してください。
また、カード詐欺の心配がある場合はカードの購入履歴を確認してください。

また、PCの場合、詐欺メールのボタンにマウスカーソルを合わせるとブラウザの左端にURLが表示されます。
ここを確認し、怪しいURLになってないか確認するといいまもしれませんが、誤ってクリックする可能性があるので、注意が必要です。