Windows10でブルーライトを軽減する方法

windows10PCトラブル
スポンサーリンク

Creators Updateで増えた機能

Creators Updateがリリースされてからしばらくたちました。
実は私はまだ、Creators Updateをメインで使っているデスクトップPCではやってません。
特に困っていなかったので・・・

Creators Updateでは夜間モードというものが追加されています。
「設定」の「システム」→「ディスプレイ」→「色」→「夜間モード」をオンにする

この夜間モードを利用するこで、ブルーライトを軽減できるようです。

ブルーライトって何?

ルーライトは液晶ディスプレーから出ている波長が短い青色の光のことです。
一時期、ブルーライトカットの眼鏡が大流行しました。私も使っています。スマホの普及により、注目されたこのブルーライトなのですが、夕方移行に見続けると、目の疲れや睡眠障害、肥満といった原因になるとされています。

夜間モードでブルーライト軽減

「夜間モード」とは、青色系の色を抑え、暖色系の表示にしてくれる機能で、時間帯を設定して自動的に調整してくれる機能です。
システム」→「ディスプレイ」→「色」の「夜間モード」をオンにして、「今すぐ有効にする」ボタンをクリックすれば反映されます。(画面が結構オレンジになる)色温度はゲージを動かすことで調整できます。
あまり色を変えすぎると、動画や画像の色合いが変わってしまいますので、そこはお好みで調整してください。

「夜間モードのスケジュール」をオフにすれば、昼間でも夜間モードが利用できます。
「夜間モード」はスケジュールは日の入りと日の出の情報を取得し、夜の間だけ有効になるようになっているため、
「時間の設定」で自動的に有効になる時間帯を設定することも可能です。

夜間モードがグレーダウン?

一部の端末では、夜間モードがグレーになっていて、利用できない場合があるようです。
・グラフィックドライバの設定を変更する
・レジストリの設定を変更する
で解消するようです。
レジストリはレジストリエディタを開いて下記2つのレジストリを変更する必要があるようです。
※レジストリを変更する場合、最悪の場合、OS自体を壊してしまう可能性があります、十分注意して行ってください。
「HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Microsoft¥Windows¥CurrentVersion
¥CloudStore¥Store¥Cache¥DefaultAccount
¥$$windows.data.bluelightreduction.bluelightreductionstate¥Current」

「HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Microsoft¥Windows¥CurrentVersion
¥CloudStore¥Store¥Cache¥DefaultAccount
¥$$windows.data.bluelightreduction.settings¥Current」
のバイナリ値を変更する。