GoPro HERO7は最上位モデルがいいね

ガジェット

アクションカメラといえば、ご存知のGoPro。
この度、新製品HERO 7が発表されました。

Black、Silver、Whiteの3モデルがラインナップされ、最上位のBlackは4k/60fps撮影が可能で、Facebook Liveのライブ配信にも対応している。
それぞれの特徴を見てみたい。

スポンサーリンク

GoPro HERO 7 Black

まず最上位モデルとなるBlack、撮影モードは4K/60fps、2.7k/120fps、1080p/240fpsなど240fpsのスロー撮影も備えているのが特徴。

HyperSmoothと名称された、手ぶれ補正機能を搭載しており、プロが電動のジンバルを使用しているような映像をカメラのみで撮影することが可能となっています。
水中や激しい動きでもジンバルなしでキレイな映像を保存することが可能です。

TimeWarpビデオという新しいエフェクトも追加され、Hyperlapseと同様の撮影効果が得られ、長時間の動画をコンパクトかつ浮遊感のある映像に仕立て上げてくれます。

また、ライブ配信機能も新たな魅力のひとつでHERO 7 BlackはFacebook、Twitch、YouTubeの各サービスでライブ配信に対応しており、外で行うアクティビティもライブ配信が可能になります。

その他、自動HDR、ローカルトーンマッピング、マルチフレームノイズリダクションが適用可能な静止画撮影モードのSuperPhoto、顔+シーン検出機能、モバイル向けの動画を作れるショートクリップといった機能も備えている。

お値段が5万3460円(税込み)

GoPro HERO 7 Silver

中間モデルとなるSilverの撮影モードは4K/30fps、1440/60fps、1080/60fpsと30fpsとはいえ4kに対応してる。
手ぶれ補正機能もあるが、Blackとは違い、HyperSmoothとは異なる通常のものとなる。
ハウジングなしで、水深10mまでの防水機能を備えており、音声制御やタイムプラス撮影なども可能となっている。
GPS、WiFi、Bluetoothを搭載している。

お値段が4万1580円(税込み)

GoPro HERO 7 White

本体はホワイトといいながら、グレーっぽい色となっている。
1080/60fpsでの撮影に対応するモデルで手ぶれ補正機能は搭載するものの、GPSやWDR撮影機能などはない。
水深10m防水機能、背面タッチディスプレイ、音声制御、タイムラプス撮影などは他の機種と同様に搭載します。

お値段が3万1860円(税込み)