Google Chromeにも広告ブロック機能が標準化か?

ITニュース

イラっとするオンライン広告

今でもPCでWEBサイトをよく見ます。タブレットやスマートフォンよりも・・・
が、鬱陶しいのがWEB広告・・・・よくイラっとさせられます。(´゚д゚`#)

Wall Street Journalは、Google(グーグル)が自社のWebブラウザ「Chrome」に広告ブロック機能を搭載する計画があることを報じました。
モバイル版とデスクトップ版の両方で広告ブロック機能が近うちに標準で有効になる可能性があるとか、
ただ、すべての広告が非表示になるわけではなく、広告連盟Coalition for Better Adsの定める推奨広告標準に合致しないものをブロックするとか・・・

そらそうだろうね。なんせgoogleさんはGoogle AdSense(アドセンス)って広告媒体持ってますもんね。自分の首絞めるようなことはしないはず。

スポンサーリンク

どんな広告がブロックされる

音声つきの動画が自動再生される広告や、巨大でしつこい広告はダメみたいです。
閲覧者に受け入れがたい広告をすべてブロックするというのも検討されているようです。

よくわからん、出会い系サイトやアプリ、無料漫画アプリ系の広告が消えてくれると個人的には非常にうれしい

Adweekが出したレポートによるとデスクトップPCユーザーの26%が広告ブロック機能を利用していると言っています。
まだ26%なのかと思ったりするのは、私だけでしょうかね・・・
案外、気にしてないのかな・・・・

オンライン広告の調査会社のStatCounterによれば、Chromeのシェアは52%以上。2位のSafariの14%に極めて大きな差をつけています。そしてもしChromeに広告ブロック機能が標準搭載されれば、オンライン広告はそこに表示されるための基準に従うことになる・・・・
これは、googleさんがEB広告業界を牛耳るようなことになってしまうのだろうか・・・

広告ブロックソフトも金次第?

著名な広告ブロックソフトウェアの「Adblock Plus」等は実は「お金さえ払えば、あなたの広告はブロックしない」というライセンス販売をしているって知ってました?
このあたりのことをgoogleさんは快く思ってないのかもです。
googleさんはお金払ってるらしい・・・・(>人<;)

Chromeに広告ブロック機能が搭載されれば、ユーザーはもっと快適に使えるようになるでしょう。また、ほぼすべてのウェブサイトが広告で収益を得ていることを考えれば、酷い広告だけブロックしてくれる“適切な広告ブロック機能”はウェブを守る役割をはたすことになるかも・・・・