世界最高のゲーミングCPU?AMDのZen3「Ryzen 5000」シリーズ登場

ITニュース

飛躍的に進化を遂げているAMD
CPUと言えば、Intel一択なんて時代もありましたが、それも過去の話・・・
AMDはRyzenシリーズを市場に投入してから、シェアを伸ばし続けている。

そして、新しいZen3アーキテクチャを搭載したデスクトップ向けCPU「Ryzen 5000」シリーズが発表されました。
最上位モデルのRyzen 9 5950xは16コア32スレッド「世界最高のゲーミングCPUだ」とアピールしてます。
リリースは2020年11月5日とのこと

スポンサーリンク

Zen3でどのぐらい性能が上がるのか


Zen3は7ナノメール製造プロセスによるアーキテクチャー「Zen2」(前モデル)をベースに最適化されたものになります。
現行のRyzen 3000シリーズよりクロックあたりの命令実行数(IPC)は約19%向上しているそうです。

また、大きな変更点として、4コア単位から8コア単位になり、L3キャッシュ容量が倍増しているところが特徴

ソケットCMOSコア/スレッド基本周波数最大ブースト周波数L2合計L3合計熱設計電力(TDP)
Ryzen 9 5950XAM4TSMC 7nm FinFET16/323.4 GHz4.9 GHz8 MB64 MB105 W
Ryzen 9 5900XAM4TSMC 7nm FinFET12/243.7 GHz4.8 GHz6 MB64 MB105 W
Ryzen 7 5800XAM4TSMC 7nm FinFET8/163.8 GHz4.7 GHz4 MB32 MB105 W
Ryzen 5 5600XAM4TSMC 7nm FinFET6/123.7 GHz4.6 GHz3 MB32 MB65 W

CPUクーラーはRyzen 5 5600Xにのみ付属するそうなので、それ以外は別途CPUクーラーを用意する必要があります。
そして、すべてのCPUがDDR4-3200のメモリをサポートしているそうです。

価格は前世代より値上がり

ちなみに価格は以下

CPU価格
Ryzen 9 5950X799ドル(約8万5000円)
Ryzen 9 5900X549ドル約5万8000円)
Ryzen 7 5800X449ドル(約4万8000円)
Ryzen 5 5600X299ドル(約3万2000円)

Ryzen 5000シリーズ、前世代より5000円ほど値上がりしている。

Intel製より2.8倍のパフォーマンス?

Intelの最新のCometLakeハロープロセッサ(Intel Core i9-10900K)よりも1Wあたり2.8倍のパフォーマンスが向上すると主張しています。
ただ、サンプルが届き次第テストする必要はあるようなので、実際は2.8倍も向上しないかもしれないし、それ以上に向上するのかもしれない。

AMDの各CPUの解説サイトはこちら(英字)

スポンサーリンク

【朗報】最近PCを買った人も悲観することはない

RTX 30シリーズを搭載したデスクトップも続々登場しているので、既に、Ryzen搭載ゲーミングPCを買ったしまった方、朗報です。

ソケット規格はAM4でAMD 500シリーズのチップセットを搭載しているマザーボードであれば、BIOSアップデートでRyzen 5000シリーズに完全対応するとのこと。

まぁ最近購入されたのであれば、性能差はそこまでないので悲観することはないでしょうけど。

ちなみに、AM4でAMD500シリーズのチップセット搭載マザーボードは結構たくさんあるので、完全対応はありがたい話です。

安いところだと、MicroATXならMSIのA520M-A PROとか8000円ぐらいで買えますし、ATXでもAsRockのB550 Phantom Gaming 4なら15000円ぐらいで買えます。

詳しく調べたわけではないですが、第3世代Ryzenが搭載できるマザーは大体、500シリーズのチップセットを搭載してると思う。