ちょうどいいが至高だと思うeX.computer note N1400L500T/BK

エンタメ

コロナ禍でテレワークになった人も多いはず。どこも売り上げが下がったと嘆く中、ノートPC需要は上がり品薄になっている。

ビジネス、学生、プライベート、使用用途に合わせたノートPCを購入する人が多いと思う。
私もそうです。

ノートPCに限らず、パソコンはメーカーによって性能はさまざま、価格もさまざま、価格とスペックが吊り合っているのか判断するのは難しい
なので、今回はスペックと価格とサイズでちょうどいいノートPCを紹介したい。

BTOメーカーで知られている。TSUKUMOのeX.computer note N1400L500T/BKです。

スポンサーリンク

ちょうどいいが至高のノートPC

私自身よく、このブログでパソコンの新商品など紹介している。
この用途に使うならアリとかナシとか・・・・

でも待てよ、使用用途って時々により変わるよね。コロナ禍なんてまさにそれ、急遽、テレワークになったりね。
そういった、使用用途の拡大も視野に入れると低価格、低スペックPCは用途を限定するならコスパはいい。

しかし、ビジネスでも使えるかとなると低スペックで貧弱すぎる。だからといって、高スペックで高価なノートPCを購入しても普段、家で使わないならそれこそ、宝の持ち腐れ、コスパが悪い。

パソコン業界は日進月歩で進化しているので次々新しいCPUやGPUが世にでてきますから。

だったら、最初からそこそこの価格はするものの、何をするにも、まぁ不満はないよぐらいのノートPCを買ったほうが、コスパや使用時のストレスはないのではないだろうか。

スポンサーリンク

6万円台が1つの目安


eX.computer note N1400L500T/BK
お値段は6万5,780円(税込)です。

外観はいたってシンプルです。天板にロゴなどなし、なのでビジネスからプライベートでも使っていて違和感はない。
幅332.5×奥行223.5×高さ21.8mmで、重量は約1.5kg、14.1インチ。

1.5kgは最近の薄型ノートPCからすると少し重く感じるかもしれない。
もう少し予算をだせば、薄型・軽量なモデルもある。
14.1インチというサイズで持ち運びもまぁできる。11インチのほうが持ち運びは便利だが、小さすぎてビジネスでの作業には向かない。
外付けのモニターがあるなら話は別になるけども・・・

スペックにも触れておく、CPUに「Core i5-8260U」、ストレージに容量128GBのSSD、メモリは8GBとなる。
第8世代のIntel、Core i5になるので、もうすぐ第11世代がリリースされようとしている中だと、古いのではと思われるが、十分です。

2~3世代ぐらいの差であれば、そこまで、体感するほどの性能差はない。
もちろん、予算をだせば、最新のCPUの薄型ノートPCはあるが、そうなると10万円前後します。

メーカー製だと5万円~6万円台のノートPCはCPUがCeleronであったり、世代は新しいがCore i3といった物になることが多い。
ちなみに第10世代のi3と第8世代のi5、どちらの性能が上かと入れると厳密にはi3のほうが上になる。
だったら、i3搭載の物と思ってしまうかもしれないが、メモリは4GBのモデルになる。

先にも書きましたが、体感するほどの性能差はないので、メモリーが8GBのほうが有意義です。
ビジネスでも利用することを想定しておくと、複数のアプリを同時に起動しながら、Zoomなどのビデオチャットツールで会議とかになれば、4GBのメモリだとメモリ不足になることがある。

メモリ8GBで最新のCPUがいいという人は8万円~ぐらいの予算であれば購入することはできる。
しかし、今回は「ちょうどいいが至高」というコンセプトでコストをギリギリまで下げて、性能も高めを紹介したいので、6万円台ぐらいになったわけです。

スポンサーリンク

N1400L500T/BKの詳細スペック

細かくスペックを紹介しておきたい。

OSWindows 10 Home (64ビット版)
CPUインテル Core i5-8260U
メモリPC4-19200 DDR4 SODIMM 8GB (8GBx1) 最大16GB
グラフィックインテルUHD グラフィックス 620
ディスプレイ14.1型フルHD ノングレア IPS液晶ディスプレイ 1920×1080
ストレージ128GB SSD (M.2 SATA接続)
カードリーダーmicro SDカードリーダー x1 (対応メディア:SD, SDHC, SDXC / 最大128GB)
インターフェースUSB3.0ポート x2 USB 3.1 Gen1 Type-Cポート x1 (USB PD対応)
WEBカメラ内蔵(有効画素数約200万画素)
サイズ幅332.5×奥行223.5×高さ21.8mm
重さ約1.5kg
付属品電源ケーブル、ACアダプタ、取扱説明書

ネットには無線LAN、無線接続はIEEE 802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.2対応で有線LANのポートはない。


インターフェースはこんな感じですね。USBポートがUSB 3.0 Type-A×2、USB 3.0 Type-C×1の計3つとなります。あまり多くの周辺機器が接続できるわけではないが、マウスと外付けHDDぐらいは問題ない。
※最近のモデルだとUSB-Cしかない場合も多い。

14.1インチなのでテンキーもない。テンキー付きのノートPCが欲しい場合はどうしても15インチ以上になる。
メモリは8GBで最大16GBまで拡張できるようになっており、スロットが1つ空いているのでメモリ不足になるようであれば、8GBのメモリを追加することができる。

ストレージは128GBということで少ない気もするが、micro SDカードリーダーで最大128GB追加することもできる。

駆動時間は約12.1時間と結構長めです。

スポンサーリンク

注意点

eX.computer note N1400L500T/BK、全て万能というわけではないです。
なので、注意点を上げておきます。

  • 有線LANポートがない
  • Mini HDMI端子でHDMI端子がない
  • 128GBストレージが全て使えるわけではない

以上の注意点があります。

HDMI端子ではなくMini HDMI端子なので、既にHDMIケーブルを持っていても接続できない場合があります。ちなみに、USB Type-C端子での映像出力にも対応してますので、外部ディスプレイを確認してみてください。

128GBのM.2 SSDですが、OSがインストールされているので、128GB全てが利用できるわけではないです。

TSUKUMO ネットショップ

スポンサーリンク

選び方のポイント

今回は「ちょうどいいが至高」というコンセプトで、ノートPCを探してみました。
探す上でのポイントを紹介しておきます。

  • 価格はできるだけ安く、でもビジネスでも使えるように低スペックにならないようにする。
  • ビジネスでも使えるようにメモリは最低でも8GB、CPUはCoreシリーズがRyzen
  • 持ち運びもできるように13~14インチのサイズ

こんな感じです。

もっと低価格で低スペックでもいいという人はこちら