Yoga Slim 750と750iあなたはどっち派Intel or AMD

ガジェット

レノボ・ジャパンより、スリムな14型ノートPC「Yoga Slim 750」と「Yoga Slim 750i」が2020年9月4日より販売開始となります。

Yoga Slim 750と750iはどう違うのかと比較しようと思ってスペック等々を見てたら、ちょっと面白い選択しになってました。

結論を先に言ってしまえば、「Yoga Slim 750」はAMDのCPUを搭載し、「Yoga Slim 750i」はIntelのCPUを搭載したモデルになっている。

それ以外は同じ仕様です。

「Yoga Slim 750i」には14型以外にも15.6型が用意されているがこちらも基本的に同じ仕様で15.6型にはテンキーが付く

スポンサーリンク

Yoga Slim 750とYoga Slim 750iのスペック比較

Yoga Slim 750iの15.6型は基本構成は同じなので、のちに記載する外観だけ紹介します。

Yoga Slim 750Yoga Slim 750i
OSWindows 10 Home 64bitWindows 10 Home 64bit
CPUAMD Ryzen 5 4500U

2.30GHz (最大ブースト・クロック:4.00GHz)

6コア

インテル Core i5-1035G4

1.10GHz (ターボブースト時 3.70GHz)

4コア

メモリ8GB8GB
ストレージ512GB (PCIe NVMe/M.2)512GB (PCIe NVMe/M.2)
ディスプレイLEDバックライト付 14.0型 FHD IPS液晶 (1920×1080ドット、約1,677万色)LEDバックライト付 14.0型 FHD 広視野角液晶 (1920×1080ドット、約1,677万色)
ビデオ・チップAMD Radeon グラフィックスCPU内蔵(インテル® Iris®  Plus グラフィックス)
インターフェースUSB 3.2 Gen2 Type-Cx1、USB2.0 Type-Cx1、USB 3.2 Gen1x2、HDMI、microSDカードスロット、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャックUSB 3.2 Gen2 Type-Cx1、USB2.0 Type-Cx1、USB 3.2 Gen1x2、HDMI、microSDカードスロット、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
無線LANWi-Fi 6対応 (IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n準拠)Wi-Fi 6対応 (IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n準拠)
オーディオ機能 Dolby Atmos Dolby Atmos
サイズ約 320.6×208.2×15.1mm約 320.6×208.2×15.1mm
重さ約 1.36kg約 1.36kg
バッテリー約 20.4時間約 23.7時間

見ての通り、違いはCPUになる。バッテリーは使用方法によって電力消費が変わるため必ず20時間以上使えると保証してるものではない。

しかし、若干時間が違うのはCPUの消費電力の差なんだろうか・・・

Yoga Slim 750iにはi5のモデルの他に、

インテル Core i7-1065G7 1.30GHz (ターボブースト時 3.90GHz)メモリ16GB搭載モデルも選択できるようになっている。

Intel製CPUでi5とi7が選べるというはよく見かけるがそこにAMD Ryzen 5が選択肢としてあるのは珍しい。
ちなみに、価格は

Yoga Slim 750 想定販売価格は11万7800円(税別)
Yoga Slim 750i 想定販売価格は12万8800円~(税別)

となっている。Intel製のほうが1万円ほど高くなるようです。

ディスプレイパネル周りをナローベゼル仕様にし額縁が狭く画面は広くと14型でありながらも十分な画面の広さをもっている。

スポンサーリンク

インターフェースと外観

Yoga Slim 750とYoga Slim 750iは見た目も同じです。

  1. USB2.0 Type-C(Power delivery対応)
  2. HDMI
  3. USB3.1 Type-C (Power delivery対応、Display出力機能付き)
  4. マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
  5. microSDメディアカードリーダー
  6.  USB3.0
  7. 電源ボタン

画像は英字配列ですが、キーボードは84キー(Fnキー+Windowsキーを含む)、JIS配列、バックライト付きの日本語配列になる。

素材な何かまではわかりませんでしたが、メタル製のようで、片手でも開けやすい構造になっているようです。

本体カラーについての記載がレノボのHPにはなかったですが、カラーバリもありそうです。750iのスペック表には「スレートグレー」という表記があったので、(上の画像の左側)このカラーはありそうです。750のスペック表では「オーキッド」という表記があったため(上の画像の中央)のカラーはありそうです。

※スペック違いで色が決まっているのか、各モデルにカラーバリエーションがあるのかまでは不明です。

スポンサーリンク

Yoga Slim 750iの14型と15.6型の見た目の違い

Yoga Slim 750iには15.6型がある。こちらも、基本スペックは14型と同じで「CPUがi5メモリ8GB」と「CPUがi7メモリが16GB」を選択できる。インターフェースも同じ位置で違うのキーボードの箇所のみと言える。

※画像は英字配列ですが、日本で購入時にはJIS配列になります。

基本的に14型にテンキーが追加された形になる。そして、14型だと左右にあったスピーカーが15.6型だと、キーボード上部になる。

あとはヒンジの箇所が14型と15.6型で違うぐらいではないだろうか。

スポンサーリンク

どっちを選ぶIntelかAMDか

ひと昔前であれば、Intel製で一択だったのですが、AMDも昨今巻き返しを図り、Ryzenシリーズが好調でコストとパフォーマンスを両立している。

買う予定はないが、もし購入するのであれば、私ならどっちだとうかと真剣に考えた。

結果

・ミドルクラスのマシンが欲しい場合は「Yoga Slim 750」(AMDのCPU)
・ハイスペックのマシンが欲しい場合は「Yoga Slim 750i」IntelのCPU i7搭載モデル
を買うかなといった感じです。
簡単に理由を説明すると、ミドルクラスなら値段が少し安いRyzen 5でいいかなと、i5と性能比較してもそこまで大きな差はないため、ハイスペックならi7搭載モデルを選択するしかないので、750iを買うしかない。
とはいえ、画像加工や動画編集をするわけではないので、「Yoga Slim 750」(AMDのCPU)で十分といえる。ビジネスで使うのであれば、メインマシンとして使える。
気になるのはRyzen 5を搭載したノートPCは探せばもう少し安いものも見つかりそうではある・・・
スポンサーリンク

Yoga Slim 750とYoga Slim 750iの価格

価格については以下

Yoga Slim 750 14型 想定販売価格は11万7800円(税別)
Yoga Slim 750i 14型 想定販売価格は12万8800円~(税別)
Yoga Slim 750i 15.6型 想定販売価格は13万2800円〜(税別)
2020年9月4日より販売開始