Rezerが光るマスクを製品化「スマートマスク」って何?

ITニュース

2021年1月にあるガジェットが公開された。
Project Hazel
CES 2021でRezerが発表したスマートマスク。医療用のN95レベルの高いフィルタ性能とファン換気システムを備えたプラスチック製のマスクです。

ただのコンセプトモデルだと私は思っていたのですが、どうやら製品化するそうです。
販売時期は未定ですが、年内には販売する見込みだとか

スポンサーリンク

マスクとしても優秀だがデザイン性も高い

先にも記載したが、ただ見かけだけのマスクではない。医療用のN95レベルの高いフィルタ性能とファン換気システム備えているのでヘタなマスクよりよっぽど衛生的

換気システムは付属の充電ケースで充電する。またケース自体も紫外線による滅菌機能を備えているので、滅菌と充電の両方を行うものになっている。

また、Rezerならではのピカピカ光る機能(Razer Chroma RGB)も搭載してる。これにも一応、意味があるそうで、LEDライトで口元の動きや表情を見えるようにしマスクで阻害されていたソーシャルコミュニケーションを助けるためのものらしい。

マスク内にはマイクとアンプを搭載することでマスクで声が届きにくい、伝わらないといった問題にも対処しているとか。

んーなんだか、サイバーパンクな仕上がりだぁ

スポンサーリンク

製品版はもっと簡素化される?

Project Hazel はあくまでもコンセプトモデルのようで、一般向けのバージョンは日常アイテムとしての実用性と購入しやすい価格に主眼を置くとRezerは言っている。

購入しやすい価格になるのではれば、マスクとしての機能以外は結構、削られるのではないかと思われる。

とはいえ、Rezerの商品なんで、光ることは削らなそうではある。
※個人的、推論です・・・

スポンサーリンク

今後、増えるかもしれないスマートマスク

あまり、話題になっていないが、このようなマスクは既にいくるか存在している。長引くコロナ禍でマスク自体をファッションの一部にする流れはウレタンマスクなどで多い。

ただウレタンマスクは飛沫量があまり抑えれない・・・その辺の話は今回は割愛する。気になる人は以下の記事を呼んでおいてほしい。
実験で新事実「ウレタンマスク」の本当のヤバさ 参照元。東洋経済

話を戻す

こちら、「Xupermask」といい、アクティブノイズキャンセルヘッドホンとデュアルファンを組み合わせたファッション性と実用性の両方を兼ねたマスク。デザインはバットマンやスパイダーマン、アベンジャーズ等の衣装デザインを手がけたホセ・フェルナンデス氏が行っている。
約300ドルで発売したが、初期出荷分は完売している。

クラウドファンディングで話題になった、スマホと連動して翻訳することができるマスクなど・・・
こちらはウイルスのカットはしてくれるのか不明だけども・・・・

コロナの終息がいつになるのか見えないため今後、こう言った商品は増えると思われる。

スポンサーリンク

10月限定販売が決定

「E3 2021」で発表されていた。このRazerの光るマスクですが、なんと10月~12月頃に事前予約した希望者に限定販売する計画だとか

発売通知を受け取るためのサインアップは日本からも可能となってますので、気になる方はチェックしてほしい。
ただし、価格は未定です。