価格改定Adobe Creative Cloudが値上げ

ITニュース

Adobe Creative Cloudの価格改定が適用されるのは「2019年2⽉初旬から新規ならびに契約更新時に適用」
とすでに案内されていた通り、価格改定され、値上げされました。

Creative Cloudのプランと価格はこちらを確認してほしい。

Amazonなども改定後の価格が適用されており、12カ月版で65,760円、36カ月版で、197,200円となっている。
Adobe製品は優秀ですが、その分値段も高い。

Sponsored Links

Adobe Creative Cloudの価格改定でどうなる

価格改定を値上げ前と比較すると以下になります。

値上げ前 値上げ後 差額
フォトプラン 980円/月 980円/月 0円/月
単体プライ 2,180円/月 2480円/月 +300円/月
コンプリートプラン 4,980円/月 5,680円/月 +700円/月
コンプリートプラン+Adobe Stock 8,460円/月 9,160円/月 +700円/月

フォトプラン以外は値上げされました。単体プランで300円、コンプリートプランとコンプリートプラン+Adobe Stockが700円の値上げになります。
少々な値上げではあるが、今後もジワジワと上げられるのではないだろうか・・・

特に、Adobe製品を利用してコンテンツを作成しているクリエイターには痛い話。
食料品の場合は、原材料の値上げに伴い製品の値上げするのだけど・・・
コンテンツをAdobe製品が値上げしたから値上げしますとも言えないだろう・・・

長く契約している方がお得かもしれない。

値上げされたわけですが、価格改定が適用されるのは、『2019年2⽉初旬から新規ならびに契約更新時の価格に順次適応されます』とされている。
ということは月々で支払いしている場合は、もう月代わりには値上げされる。
しかし、年間契約しているので、あれば、年契約の更新時に値上げになるわけです。

ならば、タイミングされあえば長く契約している方が、値上げタイミングを遅らせることができる。
もし長く利用することが前提であれば、年契約しているほうが無難のようですね。