+メッセージ(プラスメッセージ)って誰が使うのだろうか

ITニュース

NTTドコモ、KDDIとソフトバンクの3キャリアから共通メッセージサービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」のiOSアプリの配信を開始されました。

ダウンロードは無料で、「iOS 9.0」以降を搭載するiPhoneとiPadに対応してます。

利用は6月下旬から利用可能になるそうです。

スポンサーリンク

+メッセージ(プラスメッセージ)はSMSとどう違うの?

+メッセージ(プラスメッセージ)ってSMSとどう違うのでしょうね・・・
どうやら、+メッセージ(プラスメッセージ)はGSMA(GSM Assosiation)が、SMSの代替企画として策定した、「RCS(Rich Communication Services)」のようです。

最近GoogleもRCSに興味を示しているようですね。

全角最大2730文字のテキストの他、画像・スタンプ、動画や位置情報(ジオタグ)などを電話番号だけでやりとりできるようになっています。

連絡先一覧では、登録された携帯電話が+メッセージの送受信に対応するかどうか確認可能。メッセージで使えるスタンプを無料で入手できる「スタンプストア」も用意されているようです。

SMSとは根本的に違うようですが、これLineのパクリじゃね?

+メッセージ(プラスメッセージ)ってだれが使うの?

5月9日から先行して配信されていたAndroidアプリはキャリアによって、提供方法が異なっていました。
しかし、今回のiOS版では全キャリア共通です。

アプリはこちらからどうぞ

AndroidアプリはSMS送受信機能を有していましたが、iOSアプリではSMSの送受信は「メッセージ」アプリを使うことになります。

で、これだけLineやカカオトークなどある状態で、+メッセージ(プラスメッセージ)ってだれが使うんでしょうね・・・・

すでに、Lineでスタンプを購入している人はたくさんいるだろうし、そんな簡単に+メッセージ(プラスメッセージ)に移行していくとも思えない・・・・

ちなみに、利用料金は無料です。
メッセージの送受信にパケットをパケット代だけです。Wi-Fiを利用すれば、無料です。

初回の認証はWi-Fiではダメのようですが・・・