Googleドキュメントのカーソルが止まるのはAdBlock Plusのせい?

ITニュース

Googleドキュメントを使っている方、多いですよね。
仕事で利用していたり、プライベートでも利用している人いるのではないでしょうか。

ネットに繋がっていれば、多人数で同時に利用したりと便利です。

しかし、ここ数日調子悪い・・・・

カーソルが固まったり、開けなくなったり、ハイライトができない・・・
文字が塗りつぶしされてしまうなんてことも・・・

どうにも不具合が多い。

Googleめ、やらかしやがったなと思ったらそうでもない。

スポンサーリンク

Googleドキュメントの不調はGoogleのせいではない


これらのGoogleドキュメントの不調はGoogleの発表によると、どうやらユーザーが任意で入れている拡張機能のせいだという。

主に、Googleドキュメントに悪さをするのが、拡張機能での広告ブロッカーのせいだとか・・・

特にAdBlock Plusのアップデートにより、問題が起こっているようで、AdBlockの開発元も、現在パッチを作成中だとか

広告ブロッカーとは

ブラウザでWebサイトを閲覧する際、表示される広告を非表示にするツール、ChromeやSafariなどブラウザに拡張機能を追加することで、広告を自動でブロックしてくれる。

同様に、広告を含むコンテンツを非表示にするコンテンツブロックなどと呼ばれたりもします。
今ではPC用だけではなくスマホ用の広告ブロッカーもある

スポンサーリンク

Googleドキュメントの不調の回避策

広告ブロッカーを入れている人で、どうもGoogleドキュメントが不調だという人は一旦AdBlockなどの広告ブロッカーをオフにしてからGoogleドキュメントを利用するといいかもしれません。

あるいは、詳細設定できる広告ブロッカーはGoogleドキュメントをホワイトリストに登録してみるのもありかなと

Chromeの拡張機能をオフにする方法

Chromeブラウザでの拡張機能のオフにする方法を紹介しておきます。
ブラウザの左端にある設定マークから拡張機能を選択します。
設定マーク→その他ツール→拡張機能

拡張機能の一覧が表示されたと思います。
ここで個別に拡張機能をオフにすることができます。


赤枠部分のでオンとオフの切り替えができます。

また、不要な拡張機能を削除することもできますので、ついでに拡張機能を断捨離するのもありかなと思います。
そうすることでChromeが使うメモリ量を減らすこともできます。

AdBlockでGoogleドキュメントをホワイトリストに登録

先の拡張機能一覧で「詳細」を選択するとAdBlockの詳細設定へ進みます。

「拡張機能のオプション」を選択してください。


メニューから「カスタマイズ」を選択し、「広告ブロックを停止する」の箇所で任意のURLを入力し「OK」を入力します。
これで、登録したサイトでは広告ブロックカーは機能しなくなります。

スポンサーリンク

物凄く個人的な要件

世の中には広告は鬱陶しいと思っている人多いと思います。
私もまぁ鬱陶しいと思うこともあります。特に画面全体に表示されるようなポップアップ広告やマウススクロールに追随するものなど・・・

しかし、無料で利用できるものの多くが、広告収入により運営されていたりします。
yahooなどもサイトの広告枠を販売してたりします。

広告収入でのサービス運営が成り立たなくなった場合、サービスを辞めてしまうか、有料化することになると思います。
なので、無料でサービスが利用できるのだから広告ぐらい見てもいいじゃないと思ってます。