世界最薄ベゼルに期待する「ZenBook Sシリーズ」

ガジェット

台湾のメーカーASUSがラスベガスで開催中のCES2019にて、windows10搭載モデルの「ZenBook Sシリーズ」の新モデルを発表している。
最大の特徴は世界最薄ベゼルの採用です。

13.9インチのLEDバックライトIPS液晶ディスプレイをたった2.5mmのベゼル内に収納しているから驚きです。
画面の占有率が97%とほぼ、ディスプレイになっている。


流石に2.5mmにウェブカメラは収納しきれないため、カメラ部分だけはみ出した形になっている。

IPS液晶を採用しているが、4K解像度というわけではないので、今後のモデルで4Kモデルなども出てくるのかもしれない。
また、カメラ部分がはみ出す形になっているが、決してデメリットではない、これだけ、薄いベゼルなので、カメラ部分がディスプレイを開くために役立ったりする。
ここまで薄いと横から開いたりすると必ずディスプレイ部分に指紋がつく・・・これが結構きになる。

ZenBook S13の本体重量は2.5ポンド(約1.1kg)本体厚さは12.9mmといことで本体も世界最薄とのことです。
※ディスクリート・グラフィックスを搭載したノートPCの中では世界最薄
GeForce M150が選択可能になるとのこと

主な仕様としては、プロセッサがCore i5-8265U/Core i7-8565U、RAMは最大16GBのLPDDR3。本体にはUSB 3.1仕様のType-CポートとType-Aポートの両方を搭載しています。

ZenBook S13は発売日は数か月後とのことですが、まだ価格は発表されていない。
しかし、旧モデルから察するに、約15万円前後ではないだろうか。

ZenBook S13と同時に、製品スペックを抑え14インチ/フルHD解像度ディスプレイを搭載した「ZenBook 14」の新モデルも発表されている。
zenbook3 ux390uaを使っている私は非常に気になるところです。

ASUS zenbook3 ux390uaを買ってみたレビュー
ヤフオクでzenbook3 ux390uaが出てまして、多少安く、落札できたので、レビューしたいと思います。 2016年11月に発売されたこのzenbook3 ux390uaですが、まだまだ、現役で使っていけるモデルです。 発売当初は1...