Windows10 Proが動作する小型ボード「LattePanda」のCore m3搭載モデルが登場

Windows10

シングルコンピュータ「LattePanda」の新たなモデルが登場しました。
LattePanda Alpha」です。
OSやストレージの有無が選べる3タイプが販売されています。
Windows10 ProとLinux Ubuntuをサポートしています。

スポンサーリンク

LattePanda Alphaの性能とやらは

「LattePanda Alpha 800(DFR0545)」ストレージ非搭載
「LattePanda Alpha 864(DFR0546)」eMMC 64GB搭載モデル
「LattePanda Alpha 864(DFR0547)」Windows 10 Proアクティベート済みモデル

の3タイプがラインナップされています。
お値段が、順に40,600円、45,700円、53,200円となっています。

こちら、CPUは第7世代Intel Core mプロセッサである、Core m3-7y30(2コア/4スレッド、最高クロック2.6GHz)を搭載している。
小さい割にサブCPUとしてArduino Leonardoも搭載されているという。

前モデルのAtom X5搭載モデルより高スペック化されています。
4K動画を60fpsでのデコードをサポートしているほかに、2基のM.2ソケット(M Key×1、E Key×1)やUSB 3.0 Type-C(DisplayPort/USB PDサポート)、Gigabit Ethernet、11ac無線LANを搭載している、ほかにも、Bluetooth 4.2、USB 3.0 Type-A(3基)、microSDカードスロット、オーディオジャック、50ピンGPIO(2基)と装備はかなり充実している。

ディスプレイの出力はHDMI、USB Type-C、eDPの3つが選択できるようになっている。

そして、メモリは8GBのLPDDR3-1866、デュアルチャンネルでWindows10 Proもサクサクっと動作してくれそうな感じです。

電源はUSB Type-Cで供給するが、基板に4ピンの12V DC入力端子もある。

※注意
以前LattePanda用として発売された7インチIPSディスプレイ(FIT0477)は使用できないそうで、使用するとディスプレイが壊れることが確認されています。

小型PCのスペックがどんどん良くなっていってますね。

ちゃんとWindowsが実用的な動作します。

サイズ的には名刺サイズです。この手のシングルボードPCはLinux OSなどインストールできるが、GUIはそれほど軽快には動作しない。
Windows標準のベンチマークテストツール「Windows System Assessment Tool(WinSAT)」で計測された結果

CPUスコア(CPUScore)は5.6
グラフィックス機能のスコア(GraphicsScore)は4.3
ストレージの入出力のスコア(DiskScore)は6.6

となっている。
WinSATのスコアは4以上であれば、グラフィック描画を伴うアプリケーションが実用的な速度で動くとされています。

Windowsがちゃんと動作することを示してくれているので安心です。

Windowsアプリケーションから電子工作まで楽しめるPCボードになっている。