ガラケー派は必見!「MP02」は日本でも発売すべき

ガジェット

世間の携帯電話事情は画面が大きく、多くのメモリ、早い処理速度を求めた機種が多くあります。

それとは逆に、通話とメールのみのシンプルなケータイも生まれています。
最近では4Gに対応した4G携帯電話が登場している。

日本では発売されていなかったりするけどね・・・・

日本でも発売されているのはこれかな

スタイリッシュな家電を作っているスイスのPunkt.からシンプルな携帯電話「MP02」が発表された。

スポンサーリンク

MP02ってどんな端末


シンプルな外観の「MP02」を発表しました。ディスプレイサイズは2インチありますが、通話やSMSに機能を絞ったベーシックフォンになります。

02?というこで、すでにMP01は2015年に発売されていました。
日本では発売されていなかったようですが、なんせ2G(GSM)のみ対応だったため日本では利用できない。

MP02はMP014G/VoLTEに対応したモデルになります。
ディスプレイは320×240ドットのモノクロ表示です。懐かしさを感じてしまう画面サイズです。
物理的なテンキーボタンも今では見かけることも少ない。


背面はフラットではなく、机の上においているときに電話がかかってきた場合の画面が見やすい設計になっています。

Punkt.のMP02の製品ページには、「Japan」の文字が・・・・
モデルが2種類あるようで、Version 1が日本対応。周波数はFDD-LTE Band1/3/5(6/19)/7/8/20と日本を意識した構成になっています。
また、価格は339ユーロ(日本円で約4万5000円)・・・・

現在は日本での販売は不明なので、発売するかもしれないし、しないかもしれない・・・・
4万以上だして購入する人が日本にいるのだろうかは疑問なところですが・・・・