NEC 10.1型Androidタブ前モデルよりパワーアップLAVIE Tab E TE510/JAW

ガジェット

NECから10.1型のAndroidタブレット、LAVIE Tab E TE510/JAWが登場しました。
2019年春モデルですね。
お値段が3万7800円(税抜)ということで少々お高めではありますね。

前モデルTE410/JAWについては下記

前モデルと見た目は変わらなさそうなんですが、比較しながらスペックを確認したいと思います。

スポンサーリンク

LAVIE Tab E TE510/JAWの性能とやらは

・ディスプレイが約10.1型ワイドLED IPS液晶(WUXGA)1920×1200
・プロセッサーがQualcomm Snapdragon450 1.8GHz(8コア)
・メモリーが4GB(LPDDR3)
・ストレージが約64GB
・外部メモリがmicroSDXCメモリーカード(最大128GB)
・OSは「Android 8.1」

ディスプレイ、プロセッサーは前モデルと変更はないですが、メモリは倍の4GBへストレージも16GBで少なかったのが、64GBへとアップグレードされています。
本体サイズも、242mm×167mm×7mmと全モデルより1mm薄くなってます。
また、バッテリーの容量が7000mAhと大幅に増えてます。(前モデルは4850mAh)
しかし、重量は約40グラム減り約440gになりました。

これ以外にも、カメラなどアップグレードされてますね。
ボディカラーはホワイト。

前モデルはファミリー向けという位置づけでしたが、TE510/JAWはハイスペックの位置づけになります。
ベゼル幅は最近では珍しく、上部が13.5ミリ、下部が12ミリ、左右が9ミリと淵が広い
最近はとことん、ベゼル幅を削ってくるのが主流なんですけどね。

前モデルの時にも書きましたが、このベゼル幅が素晴らしいのです。
ことゲームをやるときにはいいのです。
「PUBG MOBILE」みたいな、がっちりホールドできるほうが捗るゲームの場合は特に!!

LAVIE Tab E TE510/JAWの個人的な感想

現状メモリ4GB搭載しているタブレットは結構少ないです。HUAWEI MediaPad M5、Lenovo Tab P10ぐらいですかね。
値段で言えば、Lenovoが一番安く収まりますけども・・・・

そう思うと、コスパは少々悪いかなと・・・・
ただ、LenovoもHUAWEIも中国メーカーです。特にHUAWEIはいろいろ言われてますしね・・・・
国内メーカーもあまりAndroidタブ売ってないですよね・・・
人気がないのかな、ソニーのXperia Z4 tablet以降はXperiaシリーズでもタブレットださないし・・・

Androidのゲームをやるとすれば、結構いい感じに動作すると思います。CPUも8コアだし、メモリも4GBだしね。

TE510/JAWについてはこちら