Intel 32TBのSSDを発表 構成次第で1ペタバイトまで行ける。

ガジェット

インテルが非常に長い形状のSSDを発表してます。
まるで定規のようだ・・・・・

長さ約30cm、幅約4cm、厚さ約0.8cmのサイズに収まる容量は32TB。ラック収納型サーバー向けで、通常のサーバー用HDDの1/20のスペースに収められるため、エアの流路も確保でき、消費電力は1/10で済むとインテルは主張しています。

スペース内に最大32個の定規型SSDを収めることが可能で、合計で1PB(1ペタバイト)のストレージを構成できるようです。

スポンサーリンク

なんで定規型なんだろうか・・・

定規型SSDという発想は、内部に回転するディスクをもつHDDと共通のフォームファクターから離れることで生まれました。

SSDにはHDDに比べて発熱が少なく、また定規型にすることでエアフローが確保しやすく、インテルの説明では、通常のSSDに比べて半分の空気流量で必要な冷却能力が得られるとのこと
IBMやマイクロソフト、テンセントといった企業が持つ、巨大なデータセンターで定規型SSDが採用されるようになった理由のひとつだととも説明してます。

一般向けには出るのか

一般向けPC向けにも、SSDの需要は高まっており、容量と速度は課題の1つです。
それでも、一般のPCユーザーが32TBのSSDを手にするには、しばらくの年月が必要になりそうですね。