Razer Blade 15 15.6型ゲーミングノート日本でも発売

Razer

8月3日Razerのゲーミングノート、「Blade 15」が国内販売されるようになります。

CPUに第8世代インテルCore i7-8750Hを採用し、グラフィックスにはNVIDIA GTX 1070 Max-Q DesignまたはNVIDIA GTX 1060 Max-Q Designを装備する。
15.6型液晶(1920×1080ドット)はリフレッシュレート144Hzの高速表示(1モデルのみ60Hz駆動液晶を搭載)。
メモリーは標準16GB(最大32GB)、ストレージにはM.2接続のSSDを採用してます。

んーハイスペックですね。

スポンサーリンク

Razer Blade 15のラインナップ

Razer Blade 15は3つのタイプから選択できます。
Blade 15 – FHD (60Hz) GTX 1060 | 256GB
Blade 15 – FHD (144Hz) GTX 1060 | 512GB
Blade 15 – FHD (144Hz) GTX 1070 | up to 512GB

になります。
主な違いは、リフレッシュレートとストレージになります。最上位クラスはグラフィックもGTX 1070(8GB DDR5)を搭載します。

サイズはすべて、15.6インチです。
メモリは標準で16GBを搭載し、最大32GBまで拡張可能となっています。

デザインもよりソリッドに

左が2018年のRazer Blade 15、右がRazer Blade 14

角が丸みを帯びていたのからエッジのきいたデザインになっています。
天板もフラットになりシンプルでありながら、美しい仕上がりですね。

CNC加工によるアルミ一体型ケース採用しているとのこと、冷却方式は従来機から変更され、およそ30%冷却効率が上がっているそうです。

気になるお値段は22万6584円からとなっています。
んー高スペックなだけにお値段もしますね・・・

詳しくはこちら
https://netorder365.com/3025/

公式はこちら