エルゴノミクス マウスの使い勝手をレビュー

アイテムレビュー

長年、有線のPCを購入したときについてきたマウスをずーっと使っていました。
壊れたわけではないですが、掃除しても小汚い・・・・
なので買い替えました。

どうせ買うならと、ちらほら耳にする「エルゴノミックス マウス」を探したとことAmazonで
安いエルゴノミクス仕様の無線マウスを購入しましたのでレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

エルゴノミクスとは

ハードウェアやソフトウェアなどを快適で使いやすい道具にするための設計・デザインおよび、それに関する研究分野のこと
人間工学とも言われています。
人間への負担や負荷を心理学や生理学をもとに、設計デザインされているので人為的ミスを減らしたり、快適性や安全性、生産性の向上を目指しています。

長時間座っていても疲れにくい椅子や、マウス、キーボードなど、さまざまな製品があります。

エルゴノミクスに翻弄される


すでに、手元に来たのですが、なぜか、Amazonでは配送中になっている・・・・
赤と黒の色が選べたので黒色のマウスを買ったのですが、すでにも赤のみになっている・・・

人気なのか、それもと、在庫がもともと少ないのか・・・
安いやつでしたからね。先にお値段1,680円税別です。

無線マウスなんでままぁ安いほうだと思います。
買って早々に不満がでました。


ちょっと写真が暗くてすみません、赤枠の部分にUSBレシーバーが刺さっているのですが、これがとれない!!
指がでかいからなのか、全然つかめない・・・結局、定規の角で引っ掛けてとりました。

本体サイズは、100*80*61mmと少々大きめになります。

マウスを掴んだ際に、親指の上に「戻る」「進む」ボタンがくるようになってます。
マウスのクリック音は結構ハッキリと「カチカチ」いうので、ちょっと失敗したなと思ってます・・・・
マウスホイールもスクロール時に「ガリガリ」音がしますので、静かな場所で利用するにはちょっと不向きなマウスになります。

マウスホイールしたに、DPIボタンがあり、800/1200/1600の切り替えが行えます。
本体は単四電池2本で動作します。
ちなみに、電池は付属しません・・・

本体の重さは約84g (本体のみ)とのことです。触ってる感じでは特に、重いとも軽いとも感じない感じです。

使ってみた率直な感想

エルゴノミクス マウスは今回、初めて買いました。
最初はクリックするボタンの位置になれず、買うんじゃなかったなぁ・・・と思ったりしましたが、2時間ほど使っているとだんだん慣れてきました。

使っていると結構、楽かもしれないと思い始めてます。
ただ、やっぱり安いだけあって、本体のクリックするとことが普通のプラです。

使っていると手あかといいますか、手の脂といいますか、汚れてくる感じです。

エルゴノミクス マウスこれは絶対買いだぁ
言えるほど、必要はないかもしれないですね。

普通のマウスに慣れている人は別に、そのままで問題ないと思いますよ。

ただ、すでに腱鞘炎になってますとか、手首を痛めてる人は一度使ってみてもいいのかもしれません。

まとめ

エルゴノミクス マウス絶対買うべしといえるほどの物でもない感じでした。
値段が安いやつだったので、本当にエルゴノミクスデザインなのかは不明ですが、慣れてくると結構楽な気はします。

探せば値段はピンキリで1000円から10000円超えのものまであるので、始めて買う方は安いやつで試してからでもいいと思います。
高いの買って合わなかったときはショックですからね。
始めはそれぐらい違和感を感じます。