Altair F-13KR 13.3型ノートPCで10万円台ならありでしょ

ガジェット

13.3インチノートPC「Altair F-13KR」が発売されました。
サードウェーブからです。画像の通り、Dignnosです。
はい、ドスパラで買えます。

お値段が価格は10万7978円(税込)です。

スポンサーリンク

Altair F-13KRの性能とやらは

まずはスペックからこちら

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル Core i5-8250U (1.60GHz-3.40GHz/4コア/6MBキャッシュ)
グラフィック13.3インチ FHD 非光沢液晶(1920×1080) / インテル UHDグラフィックス620(CPU内蔵)
メモリ8GB DDR4
ハードディスクHDD 無し
SSD256GB SSD (M.2スロット / AHCI接続)
光学ドライブ光学ドライブ無し
マザーボードCPU内蔵マザーボード

液晶がフルHDですし、メモリも8GBでストレージがM.2の256GBでCPUもCore i5-8250Uの4コアなので、かなり使い勝手がよさそうです。
M.2ストレージなので、起動は電源ボタン押してから約20秒程ではないでしょうかね。

続いて、インターフェース類ですが、

①マイク入力県ヘッドフォン出力端子
②USB3.0×2
③HDMI出力
④USB3.0(type-C)
⑤microSDカードリーダー(SDXC対応)
⑥電源入力
となっています。
USB3.0(type-C)があるので、こちらは給電ポートかと思いきや、電源入力は別にあるので、USB3.0(type-C)の機器を繋いだ状態で充電できますね。

本体サイズは316mm(幅)×217mm(奥行き)×15.9mm(高さ)で重さ、1.19kgとなってます。


キーボードの個所ですが、トラックパッドのに四角部分がありますね。
指紋認証機能付きです。

13.3インチということで、enterキー横にhome、end、pageup、pagedownキーがあるようです。その上に電源ボタンになっているようです。
deleteキーのよこが電源ボタンっぽいので、間違って押してしまいそうな感じはしますね・・・・


液晶の裏側はすごくシンプルでいいですね。

Altair F-13KRの拡張性はいかに

BTOメーカーですので、拡張性が合っていいような気がしましたので、少し調べてみました。

こちらのAltair F-13KRは1つしかモデルがないのですが、officeセットが選択できるようです。
お値段は12万7418円(税込)となります。

他には拡張できる箇所はないか確認いてみました。
1.OSをHomeからProへ変更可能+4000円(+税)
2.オプションでサウンド周りのCREATIVE SBX-G1 (USBオーディオ)+6780円(+税) CREATIVE SoundBlasterX-Fi Go!Pro r2 +4680円(+税)が追加できるようです。

肝心のSSDの変更や、メモリーの追加でできないようでした。
今後、出てくるかもしれませんが・・・

Altair F-13KRまとめ

拡張性はあまりないが、10万円台でこのスペックならありだと思います。
CPUも4コアのi5の第8世代だしメモリーも8GB、ストレージはm.2だから、起動も早い。
256GBの容量なので、WindowsUpdateなど、ストレージがすぐ圧迫さえるということはないだろうな。
PCゲームをガンガンやる場合はスペック不足かもしれないが、十分メインPCとして利用できる。

本体もシンプルで好印象です。できれば、黒だしてほしいな・・・
黒の筐体だともっと売れる気がする!

5万円台が希望なら、マウスコンピューターから出ているMB13ESVあたりになるのだろうけど、
スペックが少し物足りないかな、こっちは・・・

Altair F-13KRの詳細はこちら