Windows10 USBの回復ドライブを作成する手順

PCトラブル

いざ、パソコンが調子悪くなってから慌てても遅い・・・

そんないざというときのために、OSを簡単に再インストールするための回復ドライブを作りたいと思います。

やり方は至って簡単です。

今回はUSBのフラッシュメモリーに作りたいと思います。

スポンサーリンク

Windows10の回復ドライブの作り方

今回はUSBのフラッシュメモリーに作るのですが、8GB以上の空き容量が必要なのと、USBのフラッシュメモリーにデータがある場合はそれも消えてしまうので、
データが消えてもいい8GB以上のUSBフラッシュメモリーを用意してください。

まずは、USBのフラッシュメモリーをPCに刺しておきます。
そして、設定を開きます。

検索窓に「回復」を入力してください。
「回復ドライブの作成」を選択します。


ここで、「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」このチェックは外さないようにして「次へ」をクリック


回復ドライブを作成する下準備が始まります。少々時間がかかりますので、気長に待ちます。


パソコンにUSBフラッシュメモリーを刺していれば自動で選択されてきます。
Gドライブになってますが、ここは、パソコンそれぞれで違ってきます。

間違いがなければ「次へ」をクリックします。


USBのフラッシュメモリーにデータがある場合は削除しますよ。と警告されます。
「作成」ボタンをクリックします。


作成が始まってから、結構時間が掛かりますので、気長に待ちます。
「キャンセル」ボタンをクリックでキャンセルもできますので、やっぱりやめたと思った場合はクリック


出来上がれば「完了」ボタンが表示されますので、クリックして完了です。

出来上がったUSBを確認すると

9.63GB利用されてます。8GBでは足りないわけですね。
そして、ドライブが回復になってます。