ついに、MacOSがeGPUを正式サポートする

ガジェット

先日から配布の始まった「macOS 10.13.4」で正式にサポートされた、Macの外部グラフィックス(eGPU)システム。Apple(アップル)は、対応グラフィックスカードやeGPUケースの情報を公開しました。

MacのeGPUではThunderbolt 3接続したeGPUケースとその内部に設置されたグラフィックスカードを利用できるようになります。

対応MacはMacBook Proの2016年モデル以降、iMacの2017年モデル以降、そしてiMac Proとなります。

eGPUを利用することで、VR(仮想現実)コンテンツの開発や3Dゲームがスムーズに利用できることになるでしょう。

Sponsored Links

気になるグラフィックボードの対応は

Radeon RX 570
Radeon RX 580
Radeon Pro WX 7100
AMD Polaris
Vega 56
Vega 64
が対応しているそうです。GTX系は対応してないようだな・・・・

また、対応eGPUケースは
OWC Mercury Helios FX3
PowerColor Devil Box
Sapphire Gear Box
Sonnet eGFX Breakaway Box 350W
Sonnet eGFX Breakaway Box 550W
Sonnet eGFX Breakaway Box 650W
が挙げられている。

eGPUを利用するにあたっての注意点

利用するにあたっては、プロ向けアプリや3Dゲーム、VRアプリがMacでのeGPUに対応している必要があります。
一部のグラフィックカードではSonnet eGFX Breakaway Box 650Wのような大容量の電源を搭載したモデルとの組み合わせが推奨されています。
MacBook Proとの接続では、ラップトップに十分に給電できるeGPUケースの利用が必要になります。

Boot Camp上のWindowsやリカバリ最中のMacではeGPUは利用できない。

そこまで、する必要があるのか不明ですが、気になる方は公式サイトをチェックしてくださいね。