日本でも発売「Razer Blade 15 Advanced Model」でも気になることがある

Razer

グラフィックスにNVIDIA GeForce RTX 20シリーズを搭載した15.6インチゲーミングノートPC「Razer Blade 15 Advanced Model」日本語レイアウト版を発表されました。

Razer Blade 15 Advanced Modelの2018年仕様をベースにした上位版になります。

海外では既に発売されていたモデルなんですが、ついに日本国内でも販売されます。
3月8日発売予定となっています。

で、気になることが少々あります。

それは、Razerの日本語サイト・・・

Sponsored Links

Razer Blade 15 Advanced Modelで気になること

左が日本語サイト、右が海外サイト

日本語サイトだとGTX 1060 Max-Q DesignとGTX 1070 Max-Q Design
海外サイトだとRTX 2060とRTX 2070 Max-Q、RTX 2080 Max-Q

記載が違う・・・・日本語サイトがまだ更新されていないだけなのか日本版はRTX非搭載なのか・・・
これだと、ずいぶん性能に差がでるのですがね・・・・

日本語サイトの誤植であることを願いたい。

Base ModelとAdvanced Modelの違いは?

基本的には、Base Modelの上位版になるため、CPUは 第8世代 Intel Core i7-8750H 6コア/12スレッドでAdvanced Modelと違いはない。

グラフィックを強化しているのがAdvanced Modelになるわけです。

あと違うのは、

1.Thunderbolt

2.USB 3.1

3.HDMI 2.0

4.Mini DisplayPort 1.4

5.Kensington ロック

6.電力180w

7.ギガビット Ethernet

8.USB 3.1

9.USB 3.1

10.3.5 mm (4極) ヘッドセット端子

11.電源200w/230w

Advanced ModelにはギガビットEthernetポートがありません。
厚みがAdvanced Modelの方が3mmほど薄いためかもしれません。

あと、キーボードの仕様が少し違います。
Base Modelはキーボード全体でLEDの発光が変わるタイプですが、
Advanced Modelはキーボードのキー単位でLED発行を変えれるタイプになっています。

他にも、ストレージの搭載がBase ModelはSSDとHDDが搭載されていましたが、Advanced ModelはSSDのみの搭載になっています。

Razer Blade 15 Advanced Modelの特徴は

日本語サイトが誤植だろうということで、

GeForce RTX 2080 with Max-Q Design搭載仕様(RZ09-02888J92-R3J1)
35万7800円(税込38万6424円),ストレージ容量512GB(PCIe Gen.4/M.2),重量2.14kg

GeForce RTX 2070 with Max-Q Design搭載仕様(RZ09-02887J92-R3J1)
30万9800円(税込33万4584円),ストレージ容量512GB(PCIe Gen.4/M.2),重量2.1kg

GeForce RTX 2070 with Max-Q Design搭載仕様(RZ09-02887J91-R3J1)
28万9800円(税込31万2984円),ストレージ容量256GB(PCIe Gen.4/M.2),重量2.1kg

GeForce RTX 2060搭載仕様(RZ09-02886J92-R3J1)
27万5800円(税込29万7864円),ストレージ容量512GB(PCIe Gen.4/M.2),重量2.07kg

となっている。ノートPCでここまでの性能が必要なのかは置いておいて、気になりますね。
個人的には、「GeForce RTX 2070 with Max-Q Design搭載仕様」がオススメかなと