フェンダーのアンプじゃなくてスピーカーだよ

ガジェット

フェンダーミュージックからBluetoothスピーカー2製品、据置型の「MONTEREY Bluetooth Speaker」とバッテリー内蔵の「NEWPORT Bletooth Speaker」販売されます。
懐かしの「銀パネ」ギターやってる人なら知ってるよね。「’68 Custom アンプシリーズ」を模したBluetoothスピーカーです。

Fender「MONTEREY」「NEWPORT」 起動音・ペアリング音

フロントグリル、ボリュームやスイッチ、LEDなどの形状、使っているフォントなどなど、こだわりの逸品

aptXに対応。また起動時やペアリング時などには、ギターコードでお知らせ。据置型の「MONTEREY Bluetooth Speaker」とバッテリー内蔵の「NEWPORT Bletooth Speaker」の2モデル。

MONTEREYは、ウーファー2基、ツィーター2基、最大120W出力のアンプを内蔵。再生周波数帯域は20Hz~20kHz。本体サイズは幅340×奥行き132×高さ242mmで、重量は6.8kg。使用にはAC電源への接続が必要。

本体には3.5mmミニ入力端子とRCA入力端子、長さ110㎝のオーディオケーブル(3.5mmピンジャック)、長さ100㎝のRCAケーブルが付属
お値段4万円半ばになるらしい。

NEWPORTは、フルレンジ2基、ツィーター1基、最大30W出力。再生周波数帯域は80Hz~20kHz。本体サイズは幅183×奥行き75×高さ133mm、重量1.5㎏。5200mAhのバッテリーを内蔵し、最大12時間(充電時間3時間)の再生が可能
本体には3.5mmミニ入力端子も装備。長さ110㎝のオーディオケーブル(3.5mmピンジャック)に加えて、長さ60㎝のMicro-USBケーブルが付属
お値段2万円半ばになるらしい。