カスペルスキー激おこで米国を提訴

ITニュース

カスペルスキーが12月18日、米国政府を相手に訴訟を起こしましたよ。

カスペルスキー製品はロシア諜報機関につながっているとか、ロシア当局ががハッキングのために利用しているなどという疑惑がもたれ、

2017年9月には米政権がアメリカの連邦機関に対し90日以内の排除を命令ののちに

米国政府機関におけるカスペルスキー製品使用禁止

とうとう、アメリカ法律で禁止するカスペルスキー製品使用
とうとう、アメリカ政府はセキュリティ企業Kaspersky Labのソフトウェアを使用することは違法行為にしてしまいました。 Kaspersky製品の使用禁止は、Donald Trump米大統領が米国時間12月12日に署名して成立した...

ユージン・カスペルスキー氏は18日、米国土安全保障省に宛てた書簡を公開している。

ロシア当局とカスペルスキーとの関係に懸念を表明してきたジーン・シャヒーン上院議員は法案に関して

「米国の安全保障にもたらす重大なリスクを考慮すれば、カスペルスキー製品を政府機関のコンピューターから排除する命令は、法制化によってより強化する必要がある」
「我が国ののサイバーセキュリティを強化し、民主主義を有害な外国の干渉から守るためさらなる措置を推進していく」とコメントを発表

カスペルスキーが政府機関のコンピューターにセキュリティソフトウェアを提供しているのは米国だけではなく。

ドイツのサイバーセキュリティ当局や、ブラジル軍、さらに国際警察機関のインターポールなどは、カスペルスキー製品を使っている。

果たして疑惑はどうなるのか、法廷で白黒はっきりすればいいのではないだろうか。