新型MacBook Proの嫌われ者「ノッチ」を隠す方法

ITニュース

Appleから新型MacBook Proが登場しました。14インチと16インチモデルです。
期待していた方も多いと思いますが、問題が発生しました。

そう、MacにもiPhoneのように、「ノッチ」が導入されてしまったのです・・・・

ディスプレイを限界まで広げた結果、カメラ位置を変えずにカメラ周りをガメで囲い込むことにしたのが原因・・・
これが、Macユーザーに不評です。

今回はそのノッチを簡単に隠す方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アプリ全画面モードで隠れる

Appleもバカじゃないので、通常使用時には、ノッチがありますが。「アプリを全画面モード」で使用するとメニューバーが消え、その場所にノッチを隠すブラックバーが登場します。

アプリのメニューなどがノッチと重なることを防ぐためにそうなってるっぽいですが、全画面モードを使用しない人にとっては、気になるままです・・・

スポンサーリンク

「TopNotch」で隠す

現時点での最善策かな?

「TopNotch」というアプリが公開されました。
※無料です

このアプリの機能は非常に単純、メニューバーを黒くするだけ

メニューが黒くなるだけでノッチが気にならなくなる視覚効果ですね。
メニューバーのオプションはすべてそのままの場所にあるので、使い勝手が変わるといったことはないはず。

特徴としては、バックグランドで起動し、マルチディスプレイやマルチスペースにも対応しています。
ちなみに、ダイナミック壁紙にも対応してます。

公式サイトからダウロードできますので、下記のリンクからどうぞ、

公式サイト:「TopNotch

スポンサーリンク

「NotchCam」でカメラにアクセス

0.99ドルかかりますが、有料のアプリもあります。
それが、「NotchCam」です。

ノッチを隠すだけではなく、ノッチをクリックすることでカメラにアクセスすることができます。
基本的には、ノッチを隠すためのものではなく、カメラに素早くアクセスできるためのアプリなんですが、設定のひとつに、ノッチを隠すことが含まれています。

スポンサーリンク

今後にも期待

まだ出たばかりのノッチ搭載のMacBook Proですが、今後通常のMacBookにも搭載されることが予想されます。

今後、ノッチを隠すアプリとかたくさん出てくると思いますので、チェックするといいかもです。