Windows11でAndroidアプリを動作させる最小要件はこれだ

ITニュース

Windows11の最新アップデートが配信され、アメリカにてAndroidアプリサポートしたプレビュー版が一般提供されました。
これによって、Windows11でAndroidアプリを動作させる最小要件が公式に発表されたので紹介したい。

この機能は、Amazon Appstoreを通じて、Windows11ユーザーがAndroidアプリのダウンロードや利用ができるようになるものです。
ちなみに、現在(2022年2月)でKindleやAudibleなど約1000本のアプリが提供されています。

スポンサーリンク

Androidアプリを動作させる最小要件は?

アプリが存在しているが、Windows11が動作するすべてのPCでAndroidアプリが動作するわけではない。

Microsoftは新たなサポートページを公開し、Androidアプリを利用するための必要なPCの要件を掲載しています。

RAM8GB(最小) 16GB(推奨)
ストレージSSD
CPUIntel Core i3 第8世代(最小)以上 AMD Ryzen 3000(最小)以上
Qualcomm Snapdragon 8c(最小)以上
アーキテクチャx64またはARM64

だいたい、過去3年ぐらいの前のモデルであれば、要件をクリアしてそうな感じです。
ノートPCの場合だと、メモリが8GBや16GBを超えるモデルとなると、10万から15万ぐらいで販売されていたと思います。
第8世代Core iシリーズは2017年以降に販売されているモデルなので、やっぱり、5年前ぐらいのPCでも丈夫そうです。
ただ、AMD製はRyzen 3000で線引きされています。これは、2019年以降に販売されたモデルになるので、3年前ぐらいのPCまでが対象になると思います。

ストレージがSSDであればいいという緩さがなんともな感じですが、SSDであれば問題なので、とりあえず安心かな?
eMMcとかだと容量が足らないきもするけども・・・

スポンサーリンク

仮想環境で行う場合にはいろいろ面倒

仮想化によって、AndroidアプリやLinuxなどの別OSをエミュレートできるのですが、少々面倒な設定の変更があったりするので紹介しておきます。

※多くのWindows 10 PC(およびWindows 11がプリインストールされているすべてのPC)では、既に仮想化が有効になっているため、これらの手順を実行する必要がない場合があります。

主に行うことは2つ

■1つ目
UEFI(またはBIOS)にアクセスする

  1. 作業内容を保存し、開いているアプリをすべて閉じます。
  2. [開始]を 選択します>設定>システムリカバリ>高度な起動、次に[今すぐ再起動]を選択します。
  3. PCが再起動すると、[オプションの選択]を表示する画面が表示されます。[トラブルシューティング] > [詳細オプション] > [ UEFI設定] > [再起動]を選択します。
  4. PCが再起動し、UEFIユーティリティが表示されます。このステップで、PC上にBIOSと呼ばれるUEFIが表示される場合があります。

■2つ目

UEFI(またはBIOS)の表示方法は、PCの製造元によって異なります。仮想化を有効にしてUEFIを終了すると、PCが再起動します。

重要:  UEFI(またはBIOS)で必要なものだけを変更してください。他の設定を調整すると、Windowsにアクセスできなくなる可能性があります。

PCメーカーに基づく指示

仮想化を有効にするための具体的な手順については、PCの製造元を選択してください。メーカーがリストにない場合は、デバイスのドキュメントを参照してください。

詳しくはこちらから参照してください。

 

こちらは、まだ日本では公開されていないので、日本向けに提供されるのを待ちましょう。