Firefox Quantumで処理速度が2倍にChromeを超えるか?

ITニュース

Mozillaは、従来比2倍のパフォーマンス向上をうたうFirefox Quantum世代のウェブブラウザー「Firefox 57」を公開しました。

MozillaがFirefox Quantumは「量子的飛躍を遂げた」と述べる。

Speedometer 2.0ベンチマークにおいて、半年前のFirefoxと比較して処理性能が2倍になったとか

また、強敵であるChromeブラウザを比較し30%もメモリ効率が上回っている。

スポンサーリンク

Firefox Quantumは何がすごいのか

まずは、タブを大量に開く際の挙動が改善されている。

1691個もの膨大なタブを一斉に開く実験で、従来バージョンでは8分近くを要したのに対し、Firefox Quantumでは15秒にまで短縮したと言っています。
恐ろしい速度ですが、そんなにタブ開かねーよ・・・・

またインターフェイスも『Photon UI』に刷新し、「無駄を極力排した」というデザインを採用しています。

新たなアニメーションを導入したほか、ブックマークやPocket、履歴やダウンロード、スクリーンショットなどのアイテムに迅速にアクセスできる仕組みになっている。
この辺は慣れが必要かもしれない。

ブラウザーのクラッシュ率を10%減少させ、アドネットワークを弾くプライバシー保護機能も充実している。

Firefox Quantumなぜ速いのか

新たなマルチプロセスアーキテクチャを導入したことで、飛躍的に速度を上げることに成功したようです。
Chromeと比較し同じ数のページをロードしても処理が少なく済み、メモリ消費を少なくしています。

ブラウザがメモリを占有しないので、他のパフォーマンスを落とすこともない。

最近、Chromeはやたらメモリー使いますのでね困ります。

Firefox Quantumへアップグレードには注意も必要

Firefox 57以降、Quantumに非対応のアドオンは利用不可になりますので、よく使っているアドオンが対応しているか確認が必要です。
Firefox担当者は「現時点で対応アドオンは5000以上揃っている」とあまり気にしていない様子です。

Edgeについては語っていないので眼中になしってことなのかな・・・・

The New Firefox is Here: Firefox Quantum (US)