DIY必見 7.9インチIGZO液晶パネル

ガジェット
スポンサーリンク

13000円で買える超小型IGZO液晶キット

7.9インチの「SHARP 7.9インチ高精細IGZO液晶パネルセット(LQ079-IGZO-LCD-SET)」が秋月電子通商で販売中だ。価格は税込13,000円です。

7.9インチIGZO液晶パネル(2,048×1,536ドット、LQ079L1SX02)と、HDMI-MIPIブリッジ基板(AE-HDMI-MIPI)、MIPI-I/F基板(AE-LQ079-MIPI)がセットになったものになります。

ブリッジ基板の電源仕様は5V/750mAで、Micro USB端子経由で電源を供給します。
液晶パネルの画素密度は325.6ppi、色数は約1,678万、サイズは170.95×125.55×1.95mmとなっています。

ブリッジ基板のHDMI端子を介して液晶パネルに映像を出力できるので、DIYで自作モニターを作ることも可能ですね。

また、Raspberry Pi 3やRaspberry Pi 2 Model Bでも動作するそうなので、IOTの開発にも利用できます。
ただ、GPU性能の制約により横方向は1,920ドット(横画面時)になってしまうとか、他にも、Raspberry Piに負荷がかかり、マウスの移動処理が遅延するなど、若干の不憫を強いられそうです。

他にも、シャープ製のCGシリコン液晶を採用した「SHARP 6インチ高精細CGシリコン液晶パネルセット(LS060-CGS-LCD-SET)」税込13,000円
と「SHARP 5.5インチ高精細CGシリコン液晶パネルセット(LS055-CGS-LCD-SET)」税込11,000円の2モデルが販売されています。

自作魂に火をつける一品だと思います。

ちょっと調べてみた

こちら人気のせいか手に入りにくい状態のようで、いまいちどセット商品の内容をまとめてみました。

●セット内容
・7.9インチ液晶パネル(LQ079L1SX02)
・HDMI-MIPIブリッジ基板(AE-HDMI-MIPI)
・MIPI-I/F 基板(AE-LQ079-MIPI)
・取扱説明書

●LCDの主な仕様
・液晶タイプ:IGZO(結晶性酸化物半導体)-TFT
・表示画素数(RGB):1536x2048(ポートレート)/2048x1536(ランドスケープ)
・解像度:325.6PPI
・バックライト:白色LED
・液晶パネル外形寸法:125.5×171×2mm(フレキシブルケーブルを除く)
厚みは1円玉とほぼ同じ、薄いので取り扱いに注意が必要と思われます。せっかく買ったのに割ってしまってはね・・・

●HDMI-MIPIブリッジ基板の主な仕様
・映像入力:HDMI端子(標準タイプ) EDID対応
・電源入力:USBマイクロB(メス)、5V 1A以上の電源
・HDMI-MIPIブリッジ:TC358870XBG
・基板サイズ:70×70mm

●MIPI-I/F基板の主な仕様
・出力:Dual MIPI(液晶パネルへ)
・基板サイズ:46.5×32mm

注意事項

上にも記載していますが、結構注意点があるのでそこも箇条書き
・ポートレート(1536×2048、縦長)出力できない機器への動作保証はメーカーもしていない。
・フレキシブルケーブルは非常に破損しやすいです。 まぁこれは当たり前ですね。
・フレームなどの取り付け後、保護フィルムを剥がした後の交換はしてくれない。 まず動作確認して不良品でないか確認しとくべきですね。
・液晶パネルの表面は指紋の跡が目立ちます。これ結構大事、工作に夢中で気が付いたら触ってたなんてことがないように

7.9インチ Raspberry Pi用 configはこちら、解凍ソフト必須

参照元
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-11969/