Surface Go 海外版 米アマゾンで買える

ITニュース

米国向けモデルが399ドルからという驚きな価格で発売されて、日本でもと思いきや、日本では個人向けモデルが64,800円(税別)と・・・レートおかしくないかと思ってしまう価格差でがっかりした人多いのではないでしょうか。

私はそうでした。
主に、価格差を生み出しているのが、「Office Home & Business 2016」が入っていること!

米アマゾンで「Office Home & Business 2016」なしが日本にも直送ありで予約受付中です。

スポンサーリンク

米アマゾンで予約できるSurface Goはどれ

対象となっているのが、Intel Pentium Gold、8GB RAM+128GB内部ストレージ搭載モデル
米国モデルはOfficeのバンドル無しで549ドル(約6万2千円)で販売してます。

日本で同じモデルの場合、8万2800円(税別)です。

送料や諸経費が必要になりますが、それでも、614ドル(約6万9400円)と7万円を切ります。

米アマゾンで買う場合の注意点

販売されている米国モデルは、同梱品の詳細について記述がないたぶん、キーボードやペンは別売りになるようです。

あと、日本のアマゾンのアカウントがあるからといって、米アマゾンにはログインできません。
なので、米アマゾン用のアカウントを作成する必要があります。

とはいえ、英語か日本語の違いだけで使い方はほぼ同じです。

スマホのアマゾンアプリも同様で、左上のメニューから「設定」から、国と言語で「インターナショナルショッピング」と「英語」を選べば、米アマゾンで買い物ができます!

日本で作ったクレジットカードにも対応しているため、決済も問題なしです。

直輸入する場合の費用は、配送方法によって3通りあります。
・Global Standard(9から12営業日で到着):601.1ドル(約67.900円)
・Global Expedited(6から10営業日で到着):607.91ドル(約68,700円)
・Global Priority(2から4営業日で到着):614.01ドル(約69400円)

「Import Fees Deposit(輸入税等前払金)」は、関税や消費税、配送業者への手数料など諸費用の前払金で、実際に不要だったときは払い戻しされる場合もあります。

※直輸入は「自己責任」が原則になります。
日本モデルのような国内サポートは受けれません
故障しても、日本マイクロソフトではなく、米マイクロソフトに送らねばなりませぬ・・・

日本発売より早く手に入れることができるかも

商品の発売は、米現地時間の8月2日。日本モデルが8月28日発売となっています。仮に米アマゾンで購入した場合、
配送日をプラスしても、日本モデルが発売されるより前に手にすることができます。

いち早く手に入れたあと、日本で日本語キーボードカバーを手にいれてもいいですし、英語版タイプカバーを米アマゾンでついでに購入してもいいでしょうしね。