Wanna Cryptorの対策まとめ

ITニュース
Sponsored Links

世界中で感染が拡大中

脅威のランサムウェア「Wanna Cryptor」が世界中で猛威を振るっています。
(WannaCrypt, WannaCry, WannaCryptor, Wcry 等とも呼ばれる) の亜種だといわれているWanna Cryptorです。

感染したパソコンに特定の制限をかけ、その制限の解除と引き換えに金銭を要求されますのでその対策を簡単にまとめます。

不振なメールに気をつける

不振なメールと言われてもね・・・
送信者なども偽装している場合がありますので、メールの添付ファイルやリンク付きの場合は注意が必要です。
なので、しばらくの間は、メールを閲覧する場合にはリンクや添付ファイルには気をつけてください。

修正プログラムを適用

現在、Microsoftも異例の対応で、すでにサポートの切れたWindowXPなどのOSにも修正プログラムを提供しています。
下記のサイトを参照し、Windows Updateを行ってください。

・Windows 10、Microsoft Edge、初めての月例セキュリティ リリース ‐ 読み解き
https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2015/08/11/windows-10microsoft-edge-3529/

・Windows 10 以外の Windows Update 利用の手順
https://www.microsoft.com/ja-jp/safety/pc-security/j_musteps.aspx

・Windows 7 および Windows 8.1 のサービス モデル変更についての追加情報
https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2016/10/11/more-on-windows-7-and-windows-8-1-servicing-changes/

・ランサムウェア WannaCrypt 攻撃に関するお客様ガイダンス
https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2017/05/14/ransomware-wannacrypt-customer-guidance/

特に、Windows XP / 8および Windows Server 2003を使用している場合は早急に対応が必要です。

ウイルス対策ソフトの定義を最新にする

各ウイルス対策ソフトをアップデートし定義ファイルを最新にしてください。
現状、Windows10のWindows Defenderは対応済みのようです。

それ以外のセキュリティソフトを利用の場合はベンダーサイトを確認するなどしてください。

最悪、感染してしまった場合

IPA情報セキュリティ安心相談窓口
https://www.ipa.go.jp/security/anshin/
の窓口に相談してください。