PCもゲーム機も接続できる小型ミキサー「ZG01」

ガジェット

ゲーム配信・ボイスチャット用の小型ミキサー「ZG01」がヤマハから発表されました。
発売日は6月1日と少し先の話なんですが・・・・

お値段は3万1900円となってます。
併せて、ZG01との組み合わせを推奨しているヘッドセット「YH-G01」とZG01とYH-G01をセットにした「ZG01 PACK」も同時に発売予定だとか
ヘッドセットの「YH-G01」のお値段は1万8700円です。
「ZG01 PACK」のお値段は4万5100円です。
別々で買うよりセットで買ったほうがお得ですね。

スポンサーリンク

ゲーム配信のための設計

ZG01はゲームボイスチャットとゲーム配信のために設計されたオーディオミキサーとのこと。

ゲーム音声、ボイスチャット用の声、チャット相手の声を再生環境に合わせて整えるだけでなく、ボイスチャット相手とゲーム配信先の視聴者それぞれに対し理想的な音声信号を届けられるようになっているそうな・・・
よくわからんが・・・


大きさは幅195㎜×高さ47.5㎜×奥行110㎜と大きすぎず小さすぎない仕様です。

また、ノブやフェーダーでシンプルでかつ直感的に操作できるので、音響設定に詳しくない人でも感覚的に操作できるようになってます。
右のノブがスピーカー(ゲーム音)、その隣がボイスチャット用、一番左のノブとフェーダーがマイクとヘッドセットの調整ができ、
一番大きいノブがトータルボリュームになってます。

ボイスチェンジャー、無線/ラジオボイス、放送規制音、ワンタッチエコーとゲームサウンドを最大3つのボタンにプリセット登録できる仕様です。

スポンサーリンク

2系統の音声チャンネル送受信が可能

ZG01の専用ドライバーをPCにインストールすることで、2つのデバイスとしてPCに認識させることができます。
目的の異なる2系統の音声チャンネルの送受信が可能になるんだとか・・・
例えば、ボイスチャットアプリにはあなたの声だけを送るように設定し、配信アプリにはゲーム音声も含めた音声を送るように設定するといったような使い方ができる

それが必要なのかはさておき。。。

主な仕様

入力チャンネルマイクロフォン1 – コンボ (Mic, +48 V ファンタム電源) , 3.5 mmミニ (ヘッドセットマイク, プラグインパワー) *コンボ入力とヘッドセットマイクは同時に使用不可
Smartphone1 – 4極ミニ入出力 (TRRS)
HDMI1 – HDMI入力を [HDMI 1] または [HDMI 2] に切り替え可能; 音声入力: 2ch 24-bit/192kHz (最大), ビデオ信号 ビデオキャプチャ機能なし
USB2系統の音声チャンネル (Voice, Streaming)
出力チャンネルPHONES1 – 3.5 mm ステレオミニ (ヘッドホン / ヘッドセット)
Smartphone1 – 4極ミニ入出力 (TRRS)
MONITOR OUT1 – ステレオミニ (Speaker out)
HDMI1 – 音声出力: 2ch 24-bit/48kHz固定, ビデオ信号(*1): パススルー仕様
USB2系統の音声チャンネル (Voice, スピーカー)