これが進化したノートPC形「XPS 13 Plus」

ガジェット

ノートPCの形って結構昔からあまり変わらない・・・
もちろん部品が小さくなったことで、薄くなったりしてますけども基本的な形は変わらない
まぁ今の形が完成形ともいえるのかもしれない。

スポンサーリンク

タッチパッドがない?


Dellから新型ノートPC「XPS 13 Plus」が発表されました。
はい、見た目ではタッチパッドが見当たりません。

もちろんタッチパッドの機能を果たすエリアがあるのですけども、タッチパッドの境目がないので、見た目では分かりません。
スマホのディスプレイのように、内蔵された10個のモーターが振動しタッチパッドに触れて操作しているという感覚を伝える仕組みになってます。

ファンクションキーは静電タッチ仕様になっているとか。
キーの境目もほとんどないタイプとなってます。

これまた、斬新なことやってきましたね。
これが進化の形なんでしょうか

スポンサーリンク

これはイカン

Dellの新型ノートPC「XPS 13 Plus」イヤホン端子もありません。
入出力ポートもUSB Type-C(Thunderbolt 4)が両側面に1つずつの計2つのみ

AsusのZenBookでUSB Type-Cが1つしかないモデルとかありましたが、私は結構これで不憫なことになりました。
結局、外付けHDDなどの取り付けにハブが必要となったりするので、ハブを常に持ってないといけない・・・・
USB Type-Cが2つのみっては個人的にちょっといただけない・・・・・

どうやら、イヤホン端子のパーツは結構大きく、そして長い。
主な仕様として、第12世代Core i5-1240PまたはCore i7-1260P、メモリは16GBまたは32GB、ストレージは512GB/1TB/2TB NVMe SSD、液晶は1,920×1,200ドット表示/非タッチ/非光沢、または3,456×2,160ドット表示/タッチ/反射防止OLED、3,840×2,400ドット/タッチ/反射防止、OSはWindows 11 HomeまたはProから選択可能となっているのですが、特にCore i7-1260Pなど全開で処理していると発熱量も大きい。
このため、冷却効率を上げるために、イヤホン端子を廃止し、そのスペースを利用して、大型化したデュアルファンを搭載しているとか。

んーそれでも、みながワイヤレスのイヤホンを持っているとは限らないし、テレワークなどでビデオチャットが増えた現在ではちょっとキツイぜ・・・

スポンサーリンク

スペックはやべーぜ

先にも記載したが、CPUは第12世代Core i5-1240PまたはCore i7-1260P、メモリは16GBまたは32GB、ストレージは512GB/1TB/2TB NVMe SSDとなっているので、4K動画編集の可能なほどのスペックを誇っている。

カラーはプラチナシルバーとグラファイト。重量は1.23kg~となっています。なおお値段と、発売時期は未定です。